他団体活動紹介

アフリカへ毛布をおくる運動『30年記念報告会』


   1007_6 412日(土)、代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、アフリカへ毛布をおくる運動『30年記念報告会』が開催され、構成団体等の関係者150人が参加しました。
   2012_6 まず「30年の振り返り」と題した映像で、現地での毛布配布に携わるボランティアへのインタビューや、実際の配布の様子などを紹介、続いて谷山博史代表幹事の開会あいさつの後、「国内からの活動発表」として立正佼成会八王子教会の坂本貢一さんと、10年前にエチオピアでの毛布配布のボランティアに参加した、JHP・学校をつくる会の飯島弥生さんの2人が、この運動に関わって感じたことなどを発表しました。坂本さんは「たかが毛布、されど毛布。毛布1枚の収集に一喜一憂する毎日、家族団欒の話題は毛布のことです」と語り、飯島さんは「当時は『なぜ毛布が必要なのか』と言うことがはっきり解らないままの出発だったが、エチオピアに着いて乾いた土地を目にして『これでは作物は育たない、大変だろうな・・・』と思うようになり、毛布を受け取った人たちの喜ぶ姿や感謝の気持ちを伝える姿を目にして、やっと毛布をおくる必要性を実感できた」と語りました。
                    3016_44017_3

  続いてケニアのディナ・ディンディさんが、毛布をおくってもらった感謝のメッセージを述べ、現地のパートナー団体である「アフリカ開発緊急機構(ADEO)のベナード・ウェソンガさんが、ケニア・ダダーブ難民キャンプなどの様子を、写真で紹介。質疑応答の後、構成団体であるAMDAの村上久子さんが閉会挨拶を行い、報告会を終了しました。
                     020_5026_3

 ディンディさんのメッセージにも「どうぞこれからも毛布をおくってください」とありましたが、30年経った今でも、現地ではまだまだたくさんの人たちが毛布を必要としている状態です。参加者からは、「これからも呼びかけを続けて、この運動を継続していかなければと思った」「毛布だけでなく、輸送費の支援も、もっとお願いしようと思う」などの声があがっていました。

 

                                        (全国明社事務局 前原佐智子)


『フィリピンの台風ヨランダ被災者に楽器を贈ろう!』チャリティコンサートのお知らせ


2014、4月16日(wed) フィリピンの台風ヨランダ被災者に楽器を贈ろう!


場所:晴れたら空に豆まいて(Daikanyama Live Househttp://mameromantic.com/?cat=6

18:00 演 18:30 ・ 2ドリンクつき  1000円 plas donation for the victims

梅津和時 プチだおん【多田葉子/中尾勘二/関島岳郎】 名渡山遼  直枝政広  佐藤正治 おおたか静流  岡田浩安+笹久保伸+イルマオスノ

     http://mameromantic.com/?p=26194


◆梅津和時 Kazutoki Unezusax,cl
昨年11月14日フィリピンを超大型の台風ヨランダが襲いました。 61万人が家を失い、レイテだけでも10000人の人が亡くなりました。 3・11の東北のことも、とてもまだ頭から離れない現状ですが、以前からフィリピンで活動されている映画監督の今泉さんと相談し、 高校から流された楽器を、少しでも取り戻すために寄付をしようと思います。 この呼びかけに賛同して、素晴らしいミュージシャンがいっぱい集まってくれました。 この日のコンサートは無料です。皆さんもいっぱい集まってください。そして演奏を楽しんで、楽器を流されてしまったフィリピンの学生達に、心からの寄付をお願いいたします。
Let us send musical instruments to high schools in Leyte. 


◆晴れたら空に豆まいて Haretara sorani mamemaite 

東急東横線代官山駅1分・渋谷区代官山町20-20 電話:5456-8880 

梅津和時さんの呼びかけの元こんな素晴らしいミュージシャンの方々にお集まり頂けることになりました。 少しでも多くのお客様にいらして頂きたいという思いからチケット代は無料とさせて頂きました。 当日は1つ上の階に有ります姉妹店の「山羊に、聞く?」も同時開催。こちらでは今泉監督撮影の現地の映像を上映致します。出演者の私物のフリマも予定しています。是非イベント全体を楽しんで、そしてフィリピンの学生達に楽器を贈る為の寄付をお願い致します。


◆今泉光司 Koji Imaizumi (Volunteer worker/Film Director)

フィリピン北ルソンの山岳地帯でボランテイア活動を始めて18年になります。今回は梅津さんから申し出をいただき、台風で壊滅的な被害を受けたレイテ島の高校に楽器を送る配達役をやらせていただきます。昨年 11月と今年3月にレイテ島に現地調査に行って来ました。学校などの公共施設や家々の多くはまだ破壊されたままでした。実はレイテ島でも、東北の津波と似た、ストームサージと呼ばれる高潮が3つ続けて押し寄せ、それに呑まれて多くの人が亡くなったのでした。また地元住民から話を聞くうちに、この海岸線が、1944年10月に日米戦の最前線になって壊滅し、戦闘兵士だけでなく、多くの住民が亡くなった場所だったことがわかりました。あの苛烈なレイテ戦から70年。私たちの活動が、この2度目の復興に、微力ながらお手伝いができればと願っています。チャリテーコンサートのライブでは、演奏の合間に現地取材した被災地の映像をご覧いただく報告会も行います。お友だちを誘って遊びに来ていただけましたら幸いです。 
Storm surges had devastated the coastal towns of Leyte and many died. I will show a video report of the stricken area.

NPO法人サルボン (東京都登録、無給・無資産ボランテイア団体)

〒111-0041東京都台東区元浅草4-8-5(イズミインダストリアル内) 
                                      電話03-3843-0877 

                   lubongbaguio@yahoo.co.jp

(支援金送り先郵便振込口座: サルボン00160-7-58096 「レイテ」とお書きください)