全国明社情報

『明社志民カレッジ第2回研修』


 全国明社(砂川敏文理事長)は、1021日(金)~23()、新潟県長岡市で第2回志民カレッジ『中越フィールドツアー』の研修を行いました。

 新潟県中越地域は2004年に起きた「新潟県中越地震」で大きな被害を受け、また震災後に市町村合併が大きく進んだ地域です。この地域がこの10年間で直面した事は、震災により顕在化した中山間地域が抱える課題、市町村合併によって問われた地域自治のあり方でした。
  この地域がこれらの課題にどのように取り組んできたのかを、中越メモリアル回廊http://c-marugoto.jp/activities/index.html
の見学と、地域の語り部のお話で学んだ3日間でした。

                      Img_4828

  長岡震災アーカイブセンター「きおくみらい」で震災の概要の説明を受ける

          Img_48371 Img_48383

         妙見メモリアルパアーク   後方の小山の下には被害にあった車が埋まったまま

     Img_4857        Img_4887

     山古志復興交流館おらたる              語り部・青木勝さんより説明を受ける

         Img_4927 Img_4926

          若栃集落での取り組みをお話しくださった 細金剛さん 

     Img_493912         Img_4953

    川口きずな館 翌日のイベント準備           震央メモリアルパーク

                  Img_4974  

              山古志ありがとう広場 震災12年イベント会場   

                                            (全国明社 事務局)