全国明社情報

『石巻市八幡町・花壇整備』ご報告


全国明社(砂川敏文理事長)は1017日(土)・18日(日)の2日間、宮城県明社(久水輝夫会長)と協働して石巻市八幡町の花壇整備を行いました。

 この花壇づくりは、「津波で殺風景になった町を花でいっぱいにしたい」と言う願いから始まったもので、地元の支援団体「オアシス」の協力を得て、昨年から取り組んでいるものです。

 今回は、まずプランターの土をビニールシートにあけ、新たな腐葉土と混ぜ、それを再度プランターに詰めて、四季咲きのなでしこ2株を植えました。このプランターに土を入れる作業が思いのほか重労働で、全員汗だくになっての作業となりました。
                     010018
                                           036    
                     041_3050
 その後、背の高い雑草に覆われた花壇の草刈りを行い、その量はゴミ袋10袋以上になりました。
                                          107_2
   この花壇には、31日に埼玉の「久喜加須大震災復興を支援する会」の皆さんにお手伝いいただき、密生し根を張るため雑草予防にもなる松葉菊と、チューリップを植える予定です。

 

                                                (全国明社事務局)