全国明社情報

『桜の苗木寄付金』運用についてのお願い


                                                                                平成26年1月7日
会員の皆さま
                                                                                       特定非営利活動法人                                                                                                              明るい社会づくり運動
                                                                                          理事長 槇 ひさ惠

                         
                           『桜の苗木寄付金』運用についてのお願い
謹啓
   平素より本運動に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、平成24年に開催いたしました『全国集会2012 in宮城』では、被災地の自然環境復興と被災者の癒しの場づくりを目的に『桜の苗木寄付金』を会員の皆さまにお願いいたしました。全国から多大なる善意を賜り、現在までに240本の桜の植樹を実施し、感謝状をいただくなど被災地の方々からお礼と喜びのお言葉をいただきました。これも会員の皆さまの真心のお陰さまと感謝申し上げる次第です。
   全国明社は、東日本大震災被災者の支援活動を今後も継続してまいりたいと存じます。植樹につきましては、皆さまから賜りました「桜の苗木の植樹」の指定寄付として大切に使わせていただきたいと思っております。しかしながら、桜の植樹のご要望は多々あるものの、都市計画が具体化されず、植樹場所が確定できないのが現状です。一方、仮設住宅ではプランターの花植えによる、心のなごみとふれ合いの場作りの要望もあります。

   つきましては、皆さまから賜りました『桜の苗木寄付金』をより有効に活用するため、仮設住宅の花植えづくり等にも運用させていただきたいと存じます。また、その際には、ボランティアを募集し、仮設の皆さまと共に花植え作業等も計画しております。事情ご賢察の上、ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
  「寄付金」運用について、ご意見並びにご提言がございましたら全国明社事務局までご連絡いただければ幸甚です。

                                                                                                                    謹白

                                     <ご連絡先> 全国明社事務局 電話 03-5328-3071
                                                                                  FAX 03-5328-3072