全国明社情報

『第12回通常総会(平成24年度)』のご報告


 023_2 特定非営利活動法人明るい社会づくり運動(全国明社、槇ひさ惠理事長)は、62日午後2時から東京・中野の中野サンプラザ7階研修室で、第12回通常総会(平成24年度)を開催。社員(運営会員)総数62人中53人が出席しました。
   
平成23年度事業報告書並びに同収支報告書を承認したあと、監事の選任に移り、浅井平三氏と中村陽一氏を再任しました。ついで、会費の改正について審議し、これまで3万円の運営会費を1万円にし、平成25年度から施行することを決議しました。
 報告事項では、はじめに理事の改選が行われ、次の4氏が新たに理事に就任することが発表されました。浅本正孝(明るい社会づくり運動山口県連絡会会長、生活リハビリセンター「友遊」代表)、佐藤榮(東京都教職員研修センター職員、教育者教育研究所研究員)、永原忠和(明るい社会づくり運動いしかわ理事兼事務局長、特定非営利活動法人市民環境プロジェクト理事)、萩谷岩央(宮城県明るい社会づくり運動推進連絡協議会事務局長、明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会常務理事)。

 このあと、平成24年度事業計画書並びに同収支予算書が報告されました。総会後には懇親会も行われ、新たに理事に就任する4氏が抱負を述べたほか、全国各地から参集した運営会員が全国明社に対する要望や明社運動に対する決意を述べ合いました。


                                                                                           (全国明社事務局)