全国明社情報

『第2回“すまこみ喫茶”』開催報告


076 全国明社では526日(土)、戸数236戸という女川町最大の仮設住宅である「女川町石巻バイパス用地仮設住宅」において、第2回目の“すまこみ喫茶”を実施しました。
   
今回の参加は東京から7名(千葉1名・川崎西1名・協力団体1名・全国明社4名)と、現地集合で埼玉5名の計12名。この仮設住宅は、バイパス拡張のための細長い土地にあり、集会場も東西に二か所設置されているため、2グループに別れて作業を行いました。
8時半に齊藤会長宅で準備を始め、石巻焼きそば500食、焼き鳥500本の食材と機材を二つに分けて現地にいざ出発!
  そのころ仮設では「100万人のゴミ拾い」のイベントの真っ最中。
初夏を思わせる日差しではありましたが、爽やかな5月の風の中、約400人の方が道端のゴミ拾い、草刈りに汗を流しました。
                  037 045
                  038 053
   
私たちは10時すぎに現地入りし、仮設のお母さんたちの協力のもと石巻焼きそば、焼き鳥をパック詰めして、ゴミ拾いに参加した皆さんと自宅にいる方に配っていきました。それぞれ集会場に集まったり、晴天の空のもとでと、それぞれに笑い声あふれるなかで「おいしい」と食べてくださいました。
                 081 107
                 112 123
   
2時ごろには作業が終わり、短い時間ではありましたが、「また来てください」とお母さんたちの笑顔に見送られて仮設を後にしました。

                                                                        (全国明社事務局 水島聡美)