全国明社情報

『被災者支援ボランティア・第6組』活動報告


全国明社は、1211日(日)平成23年最後のボランティアを、東松島市矢本運動公園内2ヶ所に建てられた、371世帯約1000人が生活する仮設住宅に派遣しました。
 
今回のボランティアは、自治会の「仮設住宅へ入居以後、住民が一体となり自分たちで企画・立案し開催する娯楽がなかった」との声に応じて行われたもの。青森ライオンズ・ライオネスクラブ、NPO法人国際支援地球村、国際サイエントロジーボランティア災害支援チーム、くれ災害ボランティアコーディネーター西田さん、小牛田農林高校ボランティアグループ、東松島市ライオンズクラブ、明るい社会づくり運動が協働して“仮設にサンタがやってきた!!”クリスアマス・パーティを支援しました。明社が提供した数は焼きそば300食、焼き鳥600本、たこ焼き1300個。総勢13人での作業でした。
   
当日の様子をフォトレポートでお届けします。

                           仮設住宅は運動公園内に2ヵ所                                  

        061           065

奥では青森ライオンズ・ライオネスクラブがリンゴの袋詰め中
052_2                              054
                                                                         高崎明社のたこ焼き おいしそうでしょ?
                                                         あたり一面けむってます080_4

      
              ボランティア紹介コーナー                      NPO法人HEROによるヒーローショー
         191_2           203_2
             
                                        会場内は熱気でいっぱい
                161 168

                                    出番を待つ小牛田(こごた)農林高校ボランティアグループのサンタたち
111_5

                                                                     (全国明社 前原佐智子)