全国明社情報

『明社運動キャッチフレーズ』決定しました


機関紙『はーとふる2011年夏号』で公募した「明るい社会づくり運動・キャッチフレーズ」の選考会が行われ、河南諭史さん(大阪府・淀川明社)の「笑顔と心をつなぐネットワーク」が最優秀作品に選ばれました。
   
選考会は、平成231119日(土)、東京・渋谷の日本青年館で開催された「平成23年度後期・推進委員連絡会」の席上で実施され、都道府県選出の推進委員25人と全国明社理事が選考を務めました。
   
応募者3577作品の中から慎重に審査を重ねた結果、「笑顔と心をつなぐネットワーク」を選定しました。河南さんには後日賞状と記念品が贈られることになっています。S449

 このキャッチフレーズは、今後封筒や名刺、チラシ等に活用されます。また、推進委員連絡会で「家庭の玄関に貼るシールを早急に作ってほしい」という意見も寄せられたことから、理事会で作成することになりました。シールが完成次第、機関紙ならびにホームページでお知らせいたします。
   
なお、選定されたキャッチフレーズは、今後5年間使用したのちに社会情勢などを鑑み、見直しを行うことになっています。