全国明社情報

『被災者支援ボランティア・第3組』活動報告


   全国明社は、平成231010日(月)石巻工業高校において、「被災者支援ボランティア3組目」の支援活動を行いました。
 今回の参加ボランティアは、石巻少年剣道スポーツ少年団のお母さん方10名、十日会から5名、国際サイエントロジーボランティア災害支援チームの8名と、石巻工業高校剣道部の12名、水戸明社の6名、仙台明社の3名と「本場の芋煮を食べさせてあげたい・・・」と山形から応援に駆けつけてくださった宮城県明社・萩谷事務局長の友人3名、石巻明社1名、全国明社3名の合計51名。260187
東日本大震災で被害を受けた三陸沿岸部の少年剣士を対象に、稽古の場所がなかったり、防具や市内を損失して思う存分剣道に打ち込めなかった少年剣士の皆さんに、剣道の素晴らしさを再認識させ、大震災の被害を乗り越え剣道をあきらめず今後も続けていく心情を養い、剣道を通じてお互いの交流を深める事を目的に錬成会を主催した「石巻桃生剣道連盟」の要請を受け、稽古に参加する少年剣士
300人とその親御さんたちに、稽古後の昼食用の「おにぎり」「焼きそば」「山形の芋煮」の3品と「飲み物」を、それぞれ700食分提供しました。
                                        233_3
                  209_5 221_6 
   会場では水道が1ヵ所しか使えないという事で、野菜を洗ったり刻んだりの下準備やご飯炊きなどは、齋藤会長の自宅をお借りして事前に行い、10時前に会場入り。子どもたちが熱心に稽古を行う体育館の傍らのスペースのテントの中で、3台の鉄板で焼きそばを作り次々にパックに詰め、おにぎりを握り海苔を巻きラップに包み、大鍋
2個と寸胴鍋を使って芋煮をしました。151
   剣道部の生徒さんたちは、主に力仕事を担当。「水をお願い」「灰汁を捨ててきて」「鍋を洗ってきてほしんだけど」と声がかかる度に、重い鍋を持ちテントから水道まで走るなど、気持ちよく動いてくれました。
289_12                311_5       306_5
    稽古終了後、思い思いの場所で家族ぐるみ・友達ぐるみでシートを広げ楽しそうに食事をする子どもたちの姿に、疲れも忘れてみんなが笑顔になった1日でした。          
                 314       334_4
 
                                                                                      
                                                                                                      (全国明社 前原佐智子)