全国明社情報

『東日本大震災から7年』被災地現状確認の視察に行ってきました


東日本大震災にみまわれてから7年が過ぎました。このたび、全国明社でこれまで行ってきた支援の確認と、今後の取り組みを検討するため、425日(水)・26()に視察に行ってきました。
   理事長・理事・監事・事務局の総勢14名でマイクロバスに乗り、午前9時に法人事務所を出発。午後13時半から、福島県飯舘村・菅野典雄村長に村内を案内して頂き、講和を拝聴。その後石巻へ向かい、石巻明社・斎藤正美会長に「みやぎ復興の歩み」と石巻の現状の話をお聞きして、1日目を終了。
   2日目は萩谷理事の案内で、『めいしゃのもり』で桜の育ち具合を見て、女川、雄勝地区をまわり、大川小学校跡に行き献花。志津川の山路を行き、『ほたる再生プロジェクト』の現場を視察。南三陸町旧防災庁舎でも献花をした後、慶明丸と言う食事処で女将さんの話を聞きながら昼食をとり、帰ってきました。

Dsc_0080_2 原発事故により6年にわたる全村避難を余儀なくされ、昨年3月にようやく避難解除された飯舘村・菅野村長さんの「起こってしまった事故に愚痴を言っても仕方ありません。何事においてもバランスを考えなければならないと思います。物事を柔軟に考えること、どこかで妥協することも大切。そして、お互いの立場を理解しあうことが大切。事故があったからこそ、成しえたこともある。」のお話と、「までい(心を込めて、手間暇を惜しまず、つつましく)ライフ」のことばが心に残りました。
Dsc_0003_3
                    Dsc_0021_3Dsc_0064_4

 『めいしゃのもり』の桜は、水はけを良くする工事を行ったりしたので持ち直し、今年も咲いたようです。ただ、私たちが行ったときは残念ながら既に葉桜でした。
                    Dsc_0114_3Dsc_0119_2

 女川の病院の駐車場から下を見ると、震災の年の7月に目にした横倒しになっていたビルは無くなり、土地が嵩上げされ、道路が出来、雄勝地区では、屋根にバスが載ってしまった公民館は無くなり、山の上に残っていた家も瓦礫の山も、みんな無くなっていました。
                                            Dsc_0128_4

   大川小学校で献花をしました。奇しくもこの日は、大川小訴訟の控訴審判判決の日でした。児童・先生方・住んでいた方たち、亡くなった多くの方のご冥福をお祈りしました。
                    Dsc_0139_3Dsc_0145_4

   志津川への山路を車で行きながら、萩谷理事から「皆さんから支援の下着や、食糧をこの小さな集落にも届けたんですよ。コンビニで食料を買い占めするんで、他の客から白い目で見られました。」と、当事の苦労も聞きました。ほたるの再生現場では、川に沿った湧き水を引き込んだ池で養殖をしています。害虫に食べられないように網をかけた小さなハウスのような中で育てています。
                    Dsc_0160_2Dsc_0155_3

   トンネルが出来たり道路が出来たり、志津川もどこもかしこも凄い勢いでダンプカーが行き交って、復興一色の様子を目の当たりにしました。ただ、そこに旧防災庁舎だけが、周りを高く囲まれて元のまま残っていました。
                     Dsc_0170_2Dsc_0175_2

   その後新装となった「さんさん商店街」に立ち寄り、慶明丸でお昼をいただきながら、「店の看板の『慶明丸』と書かれた三つの浮子の一つ『慶』が、南三陸町波伝谷の谷津から遠くアラスカまで届いたことで、外国の方と新たな縁が結べた」との話や、震災発生時からこれまでのあれこれをお聞きし、帰路につきました。 

目に見える形での復興は進んでいるようですが、この先わたしたちは、誰に対して何をどのように支援していけば良いのか、表に現れてこない見えない部分への支援を、もう一度しっかりと考えたいと思い、帰ってきました。

                                   (全国明社理事 細井利江) 

                                                               ※写真はクリックで大きくなります。      


『めいしゃの杜』の桜が咲きました


Img_0855_2 お待たせしました。
『めいしゃの杜』の桜が咲きました。
グランドの方の桜は、かなり幹も太くなってきましたね。

撮影してくださったのは、石巻明社・相沢事務局長さん。
「この日(
415日)はお天気が良くなかったので、花の写りが悪くて済みません。お天気が良ければ、花ももっと映えたのに残念です」との事でした。
                                                                       Img_1591     Img_0853_4
              Img_1586_2Img_1587_2
   

                                            (全国明社事務局)


                                                                          ※写真はクリックで大きくなります。

 


『明社ミーティング・明社いしかわ研修会』開催


全国明社(砂川敏文理事長)は、明るい社会づくり運動いしかわ(能木場由紀子理事長)との共催で「明社いしかわ研修会」を平成30224日(土)・25日(日)、石川県志賀町の宿泊施設「いこいの村能登半島」で開催し、石川県内の会員ら42名が参加した。
 今回のテーマは、「高齢化社会を楽しく生きるために」。初日の基調講演では、社会福祉法人「共友会」 総合施設長・稲手信次氏が「健康で長生きするには、笑顔が一番・クスリは二番」と題して、介護体験の中で学び感じたことを具体例を交えながらユーモアたっぷりに講演し、参加者は大いに笑いながらも熱心に耳を傾けた。「笑い」は健康だけでなく、人間関係を円滑にする、肌をきれいにする、認知症を予防したりするなどの効果を分かりやすく伝えるなど、示唆に富んだ内容で非常に好評を得た。その後、県内3地区から日ごろ取り組んでいる活動の報告があり、最後に全国明社原局長が「やっていることが、単なるイベントや活動に終わっていないか。自分の周りや身近な地域から実践して、住みよいまちづくりだけでなく、心もつくっていくのが明社運動」と話した。

Dsc06159 2日目には、DVD「心豊かな市民への目覚め」を視聴した後、砂川理事長が「提唱50周年に向けて、明るい社会づくり運動はどうあるべきか」と題して講演した。講演では、「50年間続けてきたことは大変すばらしい。が、50年の間に社会も色いろと変化してきている。その中で、社会状況の変化に本運動も対応していくことが必要」と話し、社会状況の変化に関する具体的なデータを引用しながら、社会状況の変化に合わせて実践していくことと笑顔の大切さを強調した。その後、各グループごとに発表があり、明るい社会づくりに向けて、自分がまた自分たちがどう取り組んでいくかを共有した。
                    Dsc06098_2Dsc06090_2                                           Dsc06106_3Dsc06133_4             
    続いて全国明社の原事務局長が総括を行い、「素晴らしい活動発表。問題はどうやって実現するか。後継者問題がどこでも言われているが後継者には2つがある。1つは組織(役職)の後継者。これは大事。もう一つは運動の後継者。対象は全市民。自分たちのまちは、自分たちで良くしようという市民が増えてくることが大事。さきほどの素晴らしい活動にどうやって市民を巻き込んでいくか。自分たちの活動に終わらず、市民を巻き込んでどうやって運動にしていくか。提唱者は、明社運動を大きくしたいと思っていたわけではない。一人ひとりの善意を少しでも呼び覚ましたい。その善意をどうやって引き出していくか。そこに苦労して頂きたい」と締め括った。最後に能登ブロック協議会の高田会長が「一人ひとりが持ち味を出しながら明社運動に参加頂きたい」と閉会の辞を述べた。
   Dsc06184_3 明社いしかわ単独での宿泊研修会は12年ぶりの開催で初めて明社の研修会に参加する人も多かったが、笑いの絶えない打ち解けた雰囲気の中、グループからは積極的な発言が目立った。県内から集まった会員が、あらためて明社運動に意義と方向性をかみしめるとともに日ごろの活動の情報交換や懇親を深めることができ、有意義な研修会となった。 

           (明社いしかわ事務局長 永原伸一郎)

                 
                                                ※写真はクリックで大きくなります。


『せっかく海が近いのに・・・魚釣りをしないなんて・・・もったいない!!』親子釣り大会


 Img_6056 1118日(土)、全国明社(砂川敏文理事長)と明るい社会づくり運動仙台地区協議会(久水輝夫会長)は、石巻市のグレースミッションキャンプ石巻と協働して、牡鹿半島の小渕浜で『親子釣り大会』を行いました。
   この催しは、グレースミッションキャンプ石巻の小沢牧師が「浜に住む子どもたちが、海の楽しさや恵みの大きさを知らないでいるのは残念」と、『せっかく海が近いのに・・・魚釣りをしないなんて・・・もったいない!!』と呼びかけたもので、小・中学生と親御さんの8家族33人が参加しました。   
   集合時間が7時半と朝早かったにも関わらず、集まった子どもたちは元気いっぱい。小沢さんからの注意事項「ライフジャケットを必ず着る。そして、海に落ちないよう気をつける。竿を振る時は、後ろに人がいないことを確かめる」を聞き、車で浜へ移動。
          Img_5902_2 Img_5907_4
   釣りをするのは初めてと言う参加者が多く、スタッフに餌のつけ方を教えてもらったり、竿の振り方を教えてもらいながら、釣り大会が始まり、開始から1時間半ほど経った9時半には、全体で15匹ほどの魚が釣れており、中には20センチを超すものもあるなど、なかなかの釣果でした。
                     Img_5934_4 Img_5961_2
  大きな寸胴のなべに美味しく芋煮が出来上がった12時、それぞれが釣り上げたなかで一番大きい魚のサイズを測ってもらい、上位3チームが決定。優勝したのは、32センチのアイナメを釣り上げた小学校2年生の女の子のチームで、以下228.5センチ、320センチと言う結果でした。 
                     Img_6035_3 Img_6047_2
 優勝した女の子のお母さんから小沢さんに届いた、お礼のメールをご紹介します。

   「 こんばんは。今日は、子供から親の私まで楽しませて頂き、良い体験ができました!
  震災後、なかなか海に行くタイミングがなく…遠ざかってたので子供たちも初めての
     釣
となりました!『また釣りしたい』と子供たちに言われ、本当に嬉しくなりました。
    優勝出来たのも喜んでましたが、大きい糸を巻くのが大変でお姉さんにお手伝いして
    頂いたようで、優勝は私とお姉さん2人だね!と言っていました。
    お土産まで沢山頂き、芋煮を作って下さったりお手伝い頂いた方々…本当に
     ありがとう
ございました。また、お会い出来ること家族共々楽しみにしてます。」

  スタッフ6名、このメールに力をもらいました。次回の親子釣り大会は、来年春ごろ暖かくなってからと考えています。
  なおこの催しは、子ども支援基金から応援させていただきました。

 

                                            (全国明社事務局)

 

                          ※写真はクリックで大きくなります。


『全国都道府県会議』開催しました


   Dsc_0106 全国明社(砂川敏文理事長)は、1021日(土)・22()2日間、千代田区永田町の全国町村会館に11226県からの参加者50人と役員・スタッフ等、合計74名が集まって『全国都道府県会議』を開催しました。
  第5回目の今年は、青森・岩手・秋田の3県の代表が企画委員として会議を重ね、テーマを“これからの五十年を考える”とし、現在頻発する自然災害時にどう動いたら良いのかを知るための講演と、現在日本の18歳未満の子どもの7人に1人の割合で生じている子どもの貧困問題について、これからの明社の取り組みについて考える場とすることにしました。
 初日は、砂川理事長の開会挨拶のあと、青森県明社・村田志朗会長が「明社運動の災害支援取り組みについて」発表。
                    Dsc_0029 Dsc_0073
Dsc_0087   続いて盛岡市社会福祉協議会地域福祉課・工藤和徳課長による「災害支援のあり方」の講演がありました。休憩をはさんだ後半では、いくつかの事例について「自分たちだったらどう対応するか」を
9つのグループで話し合い、初日の研修を終了しました。
   Dsc_0112_3 交流懇親会では、秋田県明社・虻川久崇会長の挨拶・乾杯音頭のあと、参加者スピーチを行う人を秋田の“なまはげ”が指名。なまはげの迫力に、会場は一気に盛り上がりました。
Dsc_0114
Dsc_0117
 Dsc_0170  2日目は、公益財団法人あすのば・小河光治代表理事による「日本の貧困の現状」と題した基調講演で開始。小河さんは、お父様が7年間の交通事故による植物状態ののち他界されたため、中学2年の時に一家心中するしかないと言うところまで追いつめられた経験をお持ちで、学生時代の災害遺児に奨学金制度を広げる活動、その後のあしなが育英会勤務を経て、20156月に子どもの貧困対策センター・あすのばを設立、現在にいたっています。
  (※あすのばHP  http://www.usnova.org/
 その後、岩手県明社・藤川智美会長による「明社運動のこれからの取り組み」の講演とそれを受けてのグループ討議を行い、2日間の研修を終了。
           Dsc_0230_2        Dsc_0255_2
   最後に沼田常務理事の閉会挨拶があり、参加者は台風の進路を気にかけながら、帰路につきました。
                                          Dsc_0296
                                         
                                                                                               (全国明社事務局)
                                              
                                           ※写真はクリックで大きくなります。

 


『益城町テクノ団地仮設住宅・懐かしの映画鑑賞会』


   Img_5840_2 全国明社(砂川敏文理事長)は、101()11時から、熊本県明るい社会づくり連絡協議会(清田春雄会長)、宮城県の明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会(久水輝夫会長)、同じく明るい社会づくり運動石巻地区推進協議会(齋藤正美会長)、高崎明るい社会づくりの会(福田守会長)、仙台市の地域支援ネット架け橋と協働して、熊本県の益城町テクノ団地仮設住宅で『懐かしの映画鑑賞会』を開催しました。 
        Img_5896_3
  この仮設住宅は県内最大の仮設住宅で、戸数は516戸。AF棟まで11棟あり、益城町社会福祉協議会から委託を受けたNPOなどの団体がそれぞれの棟の管理を行っています。
                                                             Img_5816_6
 会場となる“みんなの広場”には、開始前の10時半ごろから人が集まり始め、なかには地域支援ネット架け橋の中澤竜生牧師がハンドマイクで呼び込みをする姿に、「チラシはいつ配ったの?14日?それじゃ早すぎてみんな忘れる。3日くらい前じゃないとダメよ」とアドバイスをくださる方も。
                                         Img_5843_3
    11時、熊本県明社・清田会長のご挨拶のあと“釣りバカ日誌”の上映が始まると、皆さんテーブルに置かれたお菓子をつまみペットボトルのお茶を飲みながら、面白い場面では手をたたいて爆笑したり、隣の人と顔を見合わせて笑ったりと、まるで自宅にいるような寛いだ様子で映画を楽しんでいました。
                     Img_5846_2Img_5868_2
   上映後は、高崎明社特製の「たこ焼き」と石巻明社による石巻の郷土料理「おくずかけ」で昼食を取りながらの茶話会です。
                     Img_5831_3Img_5853_2
   「昨年夏に仮設住宅に移ってから
1年。仮設での生活に慣れてはきたものの、この先のことを考えるとまだまだ不安なことだらけ。行政は住民へのアンケートで困りごとや要望などを聞いてくれて、例えば仮設からの引っ越しの際に費用の一部として10万円の助成金が出るようになったりはしているんです。ただ、若い人なら家を建ててここを出ていくことも割と簡単にできるけれど、自分たちの年齢では今後どうするのが良いか分からない状態で、ニュースでは“希望の党”の設立とかで賑わっているけれど、私たちに希望はないです」と、とつとつとその胸の内を語って下った60代と思われるお母さん。
                     Img_5877_3Img_5882_3
                     Img_5885_5Img_5887_4
   また、期せずして男性だけとなったテーブルでは、自治会長さんを中心に現在行われている“男会”と言う名称の茶話会の話も出るなど、今後の支援の在り方について多くの示唆をもらった
1日となりました。

                                                 
                                                                                               (全国明社事務局)


      ※写真はクリックで大きくなります。


『浴衣プロジェクト』へのご協力 ありがとうございました


620日付の記事で、皆様にお願いをいたしました「浴衣プロジェクト」。
 816日までに10団体・1個人から、総数でゆかた883枚・帯656本・履物231足・腰ひも54本をお送りいただき、仙台市落合復興公営住宅(仙台市落合復興公営住宅「夏祭り」)・仙台市美田園第一仮設住宅(仮設住宅で最後の盆踊り)・仙台市田子西3丁目復興住宅(田子西3丁目復興住宅夏祭り支援)・仙台市田子西復興住宅(田子西復興住宅夏祭り支援)の4か所にお届けし、住民の方々に大変喜んでいただきました。
                    Dsc05118Dsc05239
  目黒明社、加須明社、所沢明社、松戸明社、柏明社、奈良明社、仙台明社、立正佼成会川崎教会、立正佼成会横須賀教会の皆さま、横須賀市・アキ美容室様、所沢市・平山孝枝様、ご協力ありがとうございました。

                                               (全国明社)


               ※写真はクリックで大きくなります。

 

 


『石巻川開き祭り・燈籠流し』


  Img_5690 全国明社(砂川敏文理事長)と久喜・加須大震災復興を支援する会は、平成29731日(月)、石巻川開き祭り実行委員会(石巻商工会議所)主催の燈籠流しに、燈籠組み立てのボランティアとして21名が参加しました。

  午後4時に北上川・内海橋上流の駐車場に集合、実行委員会からの説明を聞いた後、さっそく組み立てを開始。砂利を敷き詰めた駐車場での作業なので、ブルーシートを敷いてはあっても座りにくかったり痛かったりするなか、それぞれの分担ごとに輪になって作業を進め、1時間ほどで組み立ては終了、夕食のお弁当を食べながら6時ごろまで休憩し、参加したボランティアとスタッフ約150人で燈籠を川まで運びました。

                      Img_5665 Img_5664_2

                                         Img_5668

                     Img_5704 Img_5702_2

  今年は潮の関係か川が逆流していて、開始時間を過ぎても燈籠を流せないと言うアクシデントもありましたが、7時を過ぎたころには、川面に浮かんだ燈籠と水面に映って揺れる灯りが幻想的な雰囲気を醸し出して、今年の燈籠流しも無事終了しました。

                     Img_5768Img_5766

                     Img_5765Img_5779

 

                                               (全国明社事務局)

                   ※写真はクリックで大きくなります。 

 


『落合復興公営住宅で夏祭り』


   Dsc05085 平成29723日(日)、全国明社(砂川敏文理事長)は明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会(久水輝夫会長)と協働して、仙台市落合復興公営住宅での夏祭りの支援を行いました。

  昨年に引き続き、焼きそば・フランクフルト・じゃがバター・とうもろこし・枝豆それぞれ300食を提供、埼玉の久喜・加須大震災復興を支援する会からも6名が応援にかけつけました。

                                        Dsc05095

                    Dsc05155Dsc05156

                    Dsc05173_2

  全国の皆さまにご協力をいただいた、「みやぎゆかたプロジェクト」のゆかたを身に着けた住民の方々で、一段と華やかさを増した今年の夏祭り。夏祭りにきれいな浴衣を着て踊ったら、きっともっと楽しいよね・・・の想いがかなった姿に、誰もが喜びを隠しきれない笑顔で過ごした1日でした。

                    Dsc05256_2

           Dsc05232_2Dsc05218_2     

  「みやぎゆかたプロジェクト」に賛同くださいました、目黒明社、久喜・加須大震災復興を支援する会、RKK横須賀教会、松戸明社、奈良明社、所沢明社の皆さま、ご協力まことにありがとうございました。

 

                                     (全国明社事務局)

※写真はクリックで大きくなります。


『南三陸町ホタル再生プロジェクト』進行中


  『南三陸町ホタル再生プロジェクト』、今年はすでに3回の活動を行いました。4月からの動きについて、順を追ってお知らせします。

【平成29422日(土)】

   仙台明社1人 上尾明社1人 全国明社1人 実行委員3人の計7人で、ホタルを養殖するための育成ハウスづくりを行いました。 

                     422_dsc04773422dsc04777

【平成29520日(土)】

   現地の環境調査も兼ねて、上尾明社が育てたヘイケボタル(ゲンジボタルより育てやすい)を育成ハウスに試験的に放流。仙台明社1人 上尾明社1人 全国明社1人 実行委員6人、子ども3人を含む地元の方たち7人で、作業を行いました。

                     520dsc04857_35202dsc04863

  最初に孵化用の土手を築き、苔やクレソンを植え、平家ボタルの餌となるタニシを撒きました。次に幼虫がヤゴ等に捕食されないようネットで池を囲い、平家ボタルの幼虫を放流しました。

                     520520dsc04879

                    520dsc04882_3520dsc04888

  520dsc04893_2 上手く順応してくれれば、6月下旬には蛍の成虫が見られるはずです。ゲンジボタルが飛ぶようになるには、

①餌となるカワニナが卵を産み、大量に繁殖すること。

②カワニナが繁殖するには、カワニナの餌となる苔やクレソン等が育つ環境が必要である。

③ゲンジボタルが育つ環境が出来たら、放流を行う。ただし生態系のバランスを考えると、遠隔地からの移植はできないので、近隣のホタルを捕獲しての放流となる。

と言ったプロセスを経ることになります。

  今後は①~③を3年ほど繰り返して現地での繁殖を目指しますが、人為的な再生なので、自然界では必要ないような手間が必要になってきます。 

 【平成29624日(土)】

  624dsc04895_2 仙台明社11人、上尾明社6人、全国明社1人、地元実行委員6人が参加して近隣のホタルの採取を行いました。これは育成ハウスでの人工繁殖と並行して、近隣の川で自然繁殖させるためのものです。

   夕方17時に西戸地区切曾木公民館に集合。夕食のお弁当をいただいた後、ゲンジホタル採取の注意事項、段取りを確認。虫箱、網を準備して3つのグループに分かれて、車で30分ほどの山ノ神地区にむかい、19時ごろから3か所でホタルの採取を開始しました。

    残念ながら、2か所は高地で気温が低いため飛んでいませんでしたが、残る1か所の低地では、田んぼの横の小川に5600匹のホタルが飛んでおり、雄のゲンジホタル約200匹を採取。雌は飛ばずに川面にいるため、スプーンで採取しました。

                      624dsc04972624dsc04967_2

                                          624dsc04949_2

   624dsc05016 その後、自然繁殖への期待を込めて、採取したオス・メスとも西戸地区の川に放流しました。 5月にホタル再生池のネット内に放流した平家ホタルも、2匹ほどネットの中に確認でき、7月にはもう少し多くのホタルが飛んでいるものと思われます。

   ホタル再生プロジェクトの第1段階は大成功と、参加者みんなで喜びを分かち合いました。

             
                                                      (全国明社事務局)

                      
                                   ※写真はクリックで大きくなります。