全国明社情報

『南三陸町ホタル再生プロジェクト』進行中


  『南三陸町ホタル再生プロジェクト』、今年はすでに3回の活動を行いました。4月からの動きについて、順を追ってお知らせします。

【平成29422日(土)】

   仙台明社1人 上尾明社1人 全国明社1人 実行委員3人の計7人で、ホタルを養殖するための育成ハウスづくりを行いました。 

                     422_dsc04773422dsc04777

【平成29520日(土)】

   現地の環境調査も兼ねて、上尾明社が育てたヘイケボタル(ゲンジボタルより育てやすい)を育成ハウスに試験的に放流。仙台明社1人 上尾明社1人 全国明社1人 実行委員6人、子ども3人を含む地元の方たち7人で、作業を行いました。

                     520dsc04857_35202dsc04863

  最初に孵化用の土手を築き、苔やクレソンを植え、平家ボタルの餌となるタニシを撒きました。次に幼虫がヤゴ等に捕食されないようネットで池を囲い、平家ボタルの幼虫を放流しました。

                     520520dsc04879

                    520dsc04882_3520dsc04888

  520dsc04893_2 上手く順応してくれれば、6月下旬には蛍の成虫が見られるはずです。ゲンジボタルが飛ぶようになるには、

①餌となるカワニナが卵を産み、大量に繁殖すること。

②カワニナが繁殖するには、カワニナの餌となる苔やクレソン等が育つ環境が必要である。

③ゲンジボタルが育つ環境が出来たら、放流を行う。ただし生態系のバランスを考えると、遠隔地からの移植はできないので、近隣のホタルを捕獲しての放流となる。

と言ったプロセスを経ることになります。

  今後は①~③を3年ほど繰り返して現地での繁殖を目指しますが、人為的な再生なので、自然界では必要ないような手間が必要になってきます。 

 【平成29624日(土)】

  624dsc04895_2 仙台明社11人、上尾明社6人、全国明社1人、地元実行委員6人が参加して近隣のホタルの採取を行いました。これは育成ハウスでの人工繁殖と並行して、近隣の川で自然繁殖させるためのものです。

   夕方17時に西戸地区切曾木公民館に集合。夕食のお弁当をいただいた後、ゲンジホタル採取の注意事項、段取りを確認。虫箱、網を準備して3つのグループに分かれて、車で30分ほどの山ノ神地区にむかい、19時ごろから3か所でホタルの採取を開始しました。

    残念ながら、2か所は高地で気温が低いため飛んでいませんでしたが、残る1か所の低地では、田んぼの横の小川に5600匹のホタルが飛んでおり、雄のゲンジホタル約200匹を採取。雌は飛ばずに川面にいるため、スプーンで採取しました。

                      624dsc04972624dsc04967_2

                                          624dsc04949_2

   624dsc05016 その後、自然繁殖への期待を込めて、採取したオス・メスとも西戸地区の川に放流しました。 5月にホタル再生池のネット内に放流した平家ホタルも、2匹ほどネットの中に確認でき、7月にはもう少し多くのホタルが飛んでいるものと思われます。

   ホタル再生プロジェクトの第1段階は大成功と、参加者みんなで喜びを分かち合いました。

             
                                                      (全国明社事務局)

                      
                                   ※写真はクリックで大きくなります。

 

 

 


浴衣を譲ってください


現在明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会(久水輝夫 会長)では、複数の仮設住宅・災害復興住宅で、映画鑑賞会や手芸カフェ、各自治会が主催する夏祭りの手伝いなどを全国明社(砂川敏文 理事長)と協働して行い、コミュニティづくりの支援を続けています。

震災から6年が過ぎてやっと、今の生活を楽しもうという気持ちになってきたなか、先日落合復興公営住宅で盆踊りの練習に集まった方から、「そういえば、津波に全部流されてゆかたもないね・・・」との話が出ました。踊りの練習をしたあと、夏祭りにきれいな浴衣を着て踊ったら、きっともっと楽しいよねと、そんな思いが大きくなったようです。

このお話を受けて、仙台明社では【みやぎ「ゆかた」プロジェクト】と銘打った、『ゆかたを譲って下さい』の呼びかけを始めました。

http://www.sendaimeisya.org/single-post/2017/06/14/%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%82%92%E8%AD%B2%E3%81%
A3%E3%81%A6%E4%B8%8B%E3%81%95%E3%81%84

そこで全国明社でも仙台明社の取り組みに協力したいと思い、皆さまにお願いです。押入れの奥やタンスの中で眠っている“ゆかた”、そして帯や下駄などがありましたら全国明社へお送りいただけませんか?

仮設住宅や災害復興住宅にお住いの皆さんの想いに寄り添い、さらなる明日への一歩のために、ゆかたとともに皆さまの“忘れない いつまでも”の心をお届けしたいと思います。

ご協力、よろしくお願いいたします。

                             Dsc02977_2

 ※画像は、平成27年8月 田子西復興公営住宅第1回納涼祭の様子

 

 

《ゆかたを送っていただくにあたって》

1)個人・団体は問いません

2) 団体の場合は、まとめて送ってください。

3)可能であれば、11枚に励ましのメッセージを添えていただけると幸いです。

 

◆譲って頂きたいもの: ゆかた、帯、下駄等の和装に必要なもの

(女性用・男性用・子供用・大人用・新品・お使いになったもの等、問いません)

◆募集期間:621日(水)から85日(土)まで

◆お届けする住宅:仙台市、石巻市、名取市、南三陸町の仮設住宅、災害復興住宅

◆送り先・問合せ先

 〒164-0011 中野区中央5-2-1 第3ナカノビル6

特定非営利活動法人 明るい社会づくり運動

TEL03-5328-3071

 

                                           (全国明社事務局)

 


『南三陸町営伊里前復興住宅・茶話会』


423()には前日に引き続き、埼玉県の上尾明るい社会づくりの会(滝瀬副次会長)・明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会(久水輝夫会長)・地域支援ネット架け橋と全国明社(砂川敏文理事長)が協働して、南三陸町営伊里前復興住宅で茶話会を行いました。

この団地は1年前に完成、現在約50世帯が入居しています。この日は歌や体操などをして体を動かし、昼食には温かいうどんを食べ、お茶を飲みながら話をして楽しい一時を過ごしました。

                                         Dsc04799_2
                      Dsc04817Dsc04814 

                   Dsc04840Dsc04834

 

                                                                                            (全国明社事務局)

 

         ※写真はクリックで大きくなります。

 


『登米市南方イオン跡地仮設団地・茶話会』


平成29422日(土)、埼玉県の上尾明るい社会づくりの会(滝瀬副次会長)・明るい社会づくり運動仙台地区推進協議会(久水輝夫会長)・地域支援ネット架け橋と全国明社(砂川敏文理事長)が協働して、登米市南方イオン跡地仮設団地で茶話会を行いました。
                   Dsc04715 Dsc04758

この仮設団地は、2020年東京オリンピック・ボート選手の宿舎にする計画が起こり、一躍有名になりましたが、今年8月で閉鎖が決まり300世帯あった被災者も大方が引っ越し、現在は61世帯が暮らしています。

                  Dsc04694 Dsc04695

最後の茶話会となる今回は、歌や体操などをし、昼食にはうどんを食べ、お互い最後の触れ合いを惜しみつつ楽しい一時を過ごしました。

                  Dsc04735 Dsc04751

 

                                         (全国明社事務局)

 
             ※写真はクリックで大きくなります。
 

 

 


めいしゃのもりの桜が咲きました


 昨年、排水を良くするために盛り土をし排水溝を掘って整備しなおした、石巻市上釜ふれあい広場内の“めいしゃのもり”の桜。枝一杯に花をつけて、満開になりました。
 石巻明社の相沢事務局長さんは、お弁当を持参してさっそくお花見をしたそうです。
       Image2_4      Image1    
 
                       ※写真はクリックで大きくなります。
                                            (全国明社事務局)
 
 

『益城町社協訪問』ご報告


  Img_5397_2 全国明社(砂川敏文 理事長)は227日(月)、砂川敏文理事長・沼田壽雄常務・原良次事務局長が益城町社会福祉協議会を最度訪問し、國元秀利事務局長から1時間にわたりお話を伺いました。
 益城町では現在、半壊以上の住宅に3,612世帯、一部損壊住宅に4,437世帯、仮設住宅には1,562世帯が、そしてみなし仮設住宅には町内293世帯・町外1,015世帯が居住しています。また、仮設住宅は抽選での入居になるため、今までの地域とのつながりが途切れ、新しい人たちの集まりとなっていること、そして平日の日中は若い人たちは働きに出ており、子ども達は学校へ行ってしまうため、高齢者ばかりが家にいることになるなど、東日本大震災の時と同じ状況がここにもありました。

                     Img_5420Img_5417_2
                     Img_5410_2Img_5416
 
そして、とにかく初めての経験なので、すべてが手探り状態での毎日であるが、そんな中でも今後の参考にするために、阪神淡路地震の慰霊式典に参加したり、南三陸を訪ねたりして、運営方法などを勉強しているとの事でした。

また現在は、人手が足りないために地域の見回りもままならない状態だった地域住民へのサポートを各団体に依頼し、益城町社協が地域支え合いセンターとして取りまとめているそうで、15団体による事務連絡会議を毎週火曜日に行い、住民の状況を確認しているとの事で、こういった動きの中で、普段からの地域と顔と顔の見える関係、つながりが出来ていることがいかに重要であるかを再認識したとのお話でした。

                 Img_5421Img_5422 

 この後、益城町社協から車で5分ほどの木山仮設住宅の管理を委託されているYMCAの事務所を訪ね、今後年間の支援スケジュールが決まった時点で、協働して支援を行うことが確認されました。  

     Img_5433      Img_5441

Img_5436_2    
                                                                                                (全国明社事務局)

 
                   ※写真はクリックで大きくなります。
 

 


『全九州・明社地域ミーティング』開催


Img_5297 全国明社(砂川敏文理事長)は平成29225日(土)・26日(日)の両日、熊本市植木温泉の荒木観光ホテルにおいて、『全九州・明社地域ミーティング』を開催、九州8県の22地区明社から53名が参加しました。九州全県が集まっての研修会は、平成157月~11月にかけて3回にわたって行われた『次代リーダー養成講座』以来実に12年ぶりのことで、

会場ではなつかしい顔を見つけては駆け寄り、互いの近況を語り合う姿があちこちで見られました。

 Img_5248 1日目は、8グループに分かれてのグループ討議から始まり、グループ長の進行で自己紹介ならびに日頃の活動等の紹介を行った後、休憩をはさんで砂川理事長による「これからの明社運動・3つの方針」の講演がありました。砂川理事長は、ご自身がお住いの帯広市で行われている「ばんえい競馬」や、行政に携わってきた経験からの市民との関り方などの例をあげて、これからの明社運動のあり方を解り易くお話くださいました。その後、グループごとに「3つの方針と現状について」のテーマで熱心にグループ討議を行い、初日の研修を終了。夕食時の懇親会では、くじに当たった10名の方が3分間スピーチを行うなどして、交流と懇親を深めました。

                    1img_5281 1img_5287

 

 2日目は、最初に熊本県明社の清田春雄会長から熊本地震支援へのお礼と、地震発生から現在に至るまでの被災体験や周囲の方々の様子など、生々しい報告があり、今後も継続して支援をお願いしたいと言葉を結ばれました。このお話を受けて、参加者全員で九州全地区明社が一丸となって支援に取り組むことを確認。その後、沼田壽雄常務による「明社運動と協力団体との関係について」の講演が行われ、各グループで、これからの明社運動への取り組みについて、それぞれの地区での取り組みの方向性などを話し合いました。
                    Img_5301 2img_5317
                    2img_5334 2img_5329
 グループ討議後の発表では、「所属明社が現在休眠中で参加を迷った部分もあったが、皆さんの活動の様子や講演を聞いて、やはり明社活動は必要だと強く実感したので、役員に呼びかけて地域に即した自分たちに相応しい活動を再開したい」「事務局長になってまだ日が浅く、良く分からないままに動いているところがあるが、先輩諸氏が築き上げてきた活動を継承しながら、新たな動きも加味してやっていきたい」「今後もぜひ九州全地区で集まる機会をつくって欲しい」など、前向きな意見が続出した『全九州・明社地域ミーティング』でした。

 
                                                    (全国明社事務局)

       ※写真はクリックで大きくなります。

 


『熊本の子どもたちへ本を贈呈』ご報告


Dsc04561 全国明社(砂川敏文理事長)は熊本県明るい社会づくり連絡協議会(清田春雄会長)と協働し、仮設住宅での子供支援の手始めとして、絵本・歴史本等の児童書282冊を、熊本県阿蘇郡の西原村社会福祉協議会、南阿蘇村社会福祉協議会と、上益城郡御船町社会福祉協議会、益城町社会福祉協議会の4か所に贈呈、126日(木)には熊本県明社の清田春雄会長と山田稔事務局長、全国明社の原良次事務局長の3人が、益城町社会福祉協議会を訪問して、宮本茂会長と國元秀利事務局長に78冊の児童書をお渡しました。       

この児童書は、仮設住宅に住む子供たちが集会場で楽しめるようにと、各社会福祉協議会にどのような本を何冊贈ったらよいかの希望を伺ったうえで用意したもので、担当者の方からは、「たくさんの本をありがとうございました。子どもたちが喜びます」とのお礼の言葉をいただきました。
         Dsc04556_2 Dsc04560_2

全国明社では、引き続き熊本明社と連携して、支援活動を行います。

 

                                           (全国明社 事務局)

    ※写真はクリックで大きくなります。

 


『明社志民カレッジ第2回研修』


 全国明社(砂川敏文理事長)は、1021日(金)~23()、新潟県長岡市で第2回志民カレッジ『中越フィールドツアー』の研修を行いました。

 新潟県中越地域は2004年に起きた「新潟県中越地震」で大きな被害を受け、また震災後に市町村合併が大きく進んだ地域です。この地域がこの10年間で直面した事は、震災により顕在化した中山間地域が抱える課題、市町村合併によって問われた地域自治のあり方でした。
  この地域がこれらの課題にどのように取り組んできたのかを、中越メモリアル回廊http://c-marugoto.jp/activities/index.html
の見学と、地域の語り部のお話で学んだ3日間でした。

                      Img_4828

  長岡震災アーカイブセンター「きおくみらい」で震災の概要の説明を受ける

          Img_48371 Img_48383

         妙見メモリアルパアーク   後方の小山の下には被害にあった車が埋まったまま

     Img_4857        Img_4887

     山古志復興交流館おらたる              語り部・青木勝さんより説明を受ける

         Img_4927 Img_4926

          若栃集落での取り組みをお話しくださった 細金剛さん 

     Img_493912         Img_4953

    川口きずな館 翌日のイベント準備           震央メモリアルパーク

                  Img_4974  

              山古志ありがとう広場 震災12年イベント会場   

                                            (全国明社 事務局)


『みやぎ明社ミーティング』開催しました


 Dsc04082 Dsc04088_2 全国明社(砂川敏文理事長)は、911()宮城県松島町のパレス松洲において、『みやぎ明社ミーティング』を開催、仙台明社と石巻明社から149人が参加しました。

  研修は宮城県明社・久水輝夫会長の挨拶で始まり、研修1では全国明社・原良次事務局長が、「これからの明るい社会づくり運動」と題して今後の明社運動のあり方について、また研修2では全国明社・沼田壽雄常務が「協力団体としての取り組み」について、それぞれ講義を行いました。   

                    1b4998_301a2a34831e4c80bdd8311d3f8c Dsc04096

研修後の質疑応答では、時間が足りなくなる程の活発な質疑が交わされ、仙台明社・近藤正則相談役のご挨拶の後、石巻明社・本川郁子副会長の閉会の辞で『みやぎ明社ミーティング』を終了しました。
                Dsc04111     Dsc04107_2

                 Dsc04114_2 Dsc04123

                                                                                                (全国明社事務局)