全国明社情報

『益城町社協訪問』ご報告


  Img_5397_2 全国明社(砂川敏文 理事長)は227日(月)、砂川敏文理事長・沼田壽雄常務・原良次事務局長が益城町社会福祉協議会を最度訪問し、國元秀利事務局長から1時間にわたりお話を伺いました。
 益城町では現在、半壊以上の住宅に3,612世帯、一部損壊住宅に4,437世帯、仮設住宅には1,562世帯が、そしてみなし仮設住宅には町内293世帯・町外1,015世帯が居住しています。また、仮設住宅は抽選での入居になるため、今までの地域とのつながりが途切れ、新しい人たちの集まりとなっていること、そして平日の日中は若い人たちは働きに出ており、子ども達は学校へ行ってしまうため、高齢者ばかりが家にいることになるなど、東日本大震災の時と同じ状況がここにもありました。

                     Img_5420Img_5417_2
                     Img_5410_2Img_5416
 
そして、とにかく初めての経験なので、すべてが手探り状態での毎日であるが、そんな中でも今後の参考にするために、阪神淡路地震の慰霊式典に参加したり、南三陸を訪ねたりして、運営方法などを勉強しているとの事でした。

また現在は、人手が足りないために地域の見回りもままならない状態だった地域住民へのサポートを各団体に依頼し、益城町社協が地域支え合いセンターとして取りまとめているそうで、15団体による事務連絡会議を毎週火曜日に行い、住民の状況を確認しているとの事で、こういった動きの中で、普段からの地域と顔と顔の見える関係、つながりが出来ていることがいかに重要であるかを再認識したとのお話でした。

                 Img_5421Img_5422 

 この後、益城町社協から車で5分ほどの木山仮設住宅の管理を委託されているYMCAの事務所を訪ね、今後年間の支援スケジュールが決まった時点で、協働して支援を行うことが確認されました。  

     Img_5433      Img_5441

Img_5436_2    
                                                                                                (全国明社事務局)

 
                   ※写真はクリックで大きくなります。
 

 


『全九州・明社地域ミーティング』開催


Img_5297 全国明社(砂川敏文理事長)は平成29225日(土)・26日(日)の両日、熊本市植木温泉の荒木観光ホテルにおいて、『全九州・明社地域ミーティング』を開催、九州8県の22地区明社から53名が参加しました。九州全県が集まっての研修会は、平成157月~11月にかけて3回にわたって行われた『次代リーダー養成講座』以来実に12年ぶりのことで、

会場ではなつかしい顔を見つけては駆け寄り、互いの近況を語り合う姿があちこちで見られました。

 Img_5248 1日目は、8グループに分かれてのグループ討議から始まり、グループ長の進行で自己紹介ならびに日頃の活動等の紹介を行った後、休憩をはさんで砂川理事長による「これからの明社運動・3つの方針」の講演がありました。砂川理事長は、ご自身がお住いの帯広市で行われている「ばんえい競馬」や、行政に携わってきた経験からの市民との関り方などの例をあげて、これからの明社運動のあり方を解り易くお話くださいました。その後、グループごとに「3つの方針と現状について」のテーマで熱心にグループ討議を行い、初日の研修を終了。夕食時の懇親会では、くじに当たった10名の方が3分間スピーチを行うなどして、交流と懇親を深めました。

                    1img_5281 1img_5287

 

 2日目は、最初に熊本県明社の清田春雄会長から熊本地震支援へのお礼と、地震発生から現在に至るまでの被災体験や周囲の方々の様子など、生々しい報告があり、今後も継続して支援をお願いしたいと言葉を結ばれました。このお話を受けて、参加者全員で九州全地区明社が一丸となって支援に取り組むことを確認。その後、沼田壽雄常務による「明社運動と協力団体との関係について」の講演が行われ、各グループで、これからの明社運動への取り組みについて、それぞれの地区での取り組みの方向性などを話し合いました。
                    Img_5301 2img_5317
                    2img_5334 2img_5329
 グループ討議後の発表では、「所属明社が現在休眠中で参加を迷った部分もあったが、皆さんの活動の様子や講演を聞いて、やはり明社活動は必要だと強く実感したので、役員に呼びかけて地域に即した自分たちに相応しい活動を再開したい」「事務局長になってまだ日が浅く、良く分からないままに動いているところがあるが、先輩諸氏が築き上げてきた活動を継承しながら、新たな動きも加味してやっていきたい」「今後もぜひ九州全地区で集まる機会をつくって欲しい」など、前向きな意見が続出した『全九州・明社地域ミーティング』でした。

 
                                                    (全国明社事務局)

       ※写真はクリックで大きくなります。

 


『熊本の子どもたちへ本を贈呈』ご報告


Dsc04561 全国明社(砂川敏文理事長)は熊本県明るい社会づくり連絡協議会(清田春雄会長)と協働し、仮設住宅での子供支援の手始めとして、絵本・歴史本等の児童書282冊を、熊本県阿蘇郡の西原村社会福祉協議会、南阿蘇村社会福祉協議会と、上益城郡御船町社会福祉協議会、益城町社会福祉協議会の4か所に贈呈、126日(木)には熊本県明社の清田春雄会長と山田稔事務局長、全国明社の原良次事務局長の3人が、益城町社会福祉協議会を訪問して、宮本茂会長と國元秀利事務局長に78冊の児童書をお渡しました。       

この児童書は、仮設住宅に住む子供たちが集会場で楽しめるようにと、各社会福祉協議会にどのような本を何冊贈ったらよいかの希望を伺ったうえで用意したもので、担当者の方からは、「たくさんの本をありがとうございました。子どもたちが喜びます」とのお礼の言葉をいただきました。
         Dsc04556_2 Dsc04560_2

全国明社では、引き続き熊本明社と連携して、支援活動を行います。

 

                                           (全国明社 事務局)

    ※写真はクリックで大きくなります。

 


『明社志民カレッジ第2回研修』


 全国明社(砂川敏文理事長)は、1021日(金)~23()、新潟県長岡市で第2回志民カレッジ『中越フィールドツアー』の研修を行いました。

 新潟県中越地域は2004年に起きた「新潟県中越地震」で大きな被害を受け、また震災後に市町村合併が大きく進んだ地域です。この地域がこの10年間で直面した事は、震災により顕在化した中山間地域が抱える課題、市町村合併によって問われた地域自治のあり方でした。
  この地域がこれらの課題にどのように取り組んできたのかを、中越メモリアル回廊http://c-marugoto.jp/activities/index.html
の見学と、地域の語り部のお話で学んだ3日間でした。

                      Img_4828

  長岡震災アーカイブセンター「きおくみらい」で震災の概要の説明を受ける

          Img_48371 Img_48383

         妙見メモリアルパアーク   後方の小山の下には被害にあった車が埋まったまま

     Img_4857        Img_4887

     山古志復興交流館おらたる              語り部・青木勝さんより説明を受ける

         Img_4927 Img_4926

          若栃集落での取り組みをお話しくださった 細金剛さん 

     Img_493912         Img_4953

    川口きずな館 翌日のイベント準備           震央メモリアルパーク

                  Img_4974  

              山古志ありがとう広場 震災12年イベント会場   

                                            (全国明社 事務局)


『みやぎ明社ミーティング』開催しました


 Dsc04082 Dsc04088_2 全国明社(砂川敏文理事長)は、911()宮城県松島町のパレス松洲において、『みやぎ明社ミーティング』を開催、仙台明社と石巻明社から149人が参加しました。

  研修は宮城県明社・久水輝夫会長の挨拶で始まり、研修1では全国明社・原良次事務局長が、「これからの明るい社会づくり運動」と題して今後の明社運動のあり方について、また研修2では全国明社・沼田壽雄常務が「協力団体としての取り組み」について、それぞれ講義を行いました。   

                    1b4998_301a2a34831e4c80bdd8311d3f8c Dsc04096

研修後の質疑応答では、時間が足りなくなる程の活発な質疑が交わされ、仙台明社・近藤正則相談役のご挨拶の後、石巻明社・本川郁子副会長の閉会の辞で『みやぎ明社ミーティング』を終了しました。
                Dsc04111     Dsc04107_2

                 Dsc04114_2 Dsc04123

                                                                                                (全国明社事務局)


『志民カレッジに参加して』


  第1回志民カレッジ参加者の感想です。

Img_41012_2 ヨーロッパの町並みを見て感激したことを、地元に持ち帰って実行した香山さん(NPO法人夢空間松代・理事長)の熱意、情熱に感激しました。そして、その情熱が30年続いていること、松代の人たちの町並みの復元・保全にかける情熱に感動し、すごいことだと思いました。僕も、感動する動機を見つけて、見習いたいと思いました。                                              
                 (埼玉県・三郷明社 畔上知久)

 

Img_4076 明るい社会づくり運動の勉強会に参加するのは初めてで、いろんなことが参考になりました。まちづくりで(景観を考えて)コンビニがないのにびっくりし、地元の方のまちづくりにかける努力、素晴らしさに感動しました。                            (宮城県・仙台明社 飯田良恵)

 

東京では待機児童が多いのに施設が作れないが、こっちのように自然があって土地があって、住民の理解を得て施設が作れることが羨ましく、また参考になりました。松代の町は初めてですが、武家屋敷とかがあって、それがきちんと整備されていて驚きました。                    (東京都・調布明社 最首和夫)

 

Img_41001 町並み保存の様子を見せて頂き、どこも手入れがよく行き届いて素晴らしかったです。よくよくお話を聞いてみると、二十年近くの成果であること。特に「他の観光地のような物を目指しているのでは無い、松代ならでは・・・を目指している」と言う話に、なるほど・・・と思いました。落着いた町並みが印象に残っています。(観光客のための街づくりの前に、住民のための街づくりである事を感じた)

初期の段階で、松代ならではの良い所を紹介する冊子を、沢山の住民と作られた話や、「お庭拝見」を通じて、住民も知らなかったそれぞれのお屋敷の庭を鑑賞する中で、住民自身が「この素晴らしい物を風化させて良いのか」と言う同じ思いになっていき、志を同じくする人の和を広げたところが参考になりました。行政の動向で動くのではなく、自分たちの街づくりをするのだとの思いがあるから、ブレナイ運動なのだと感じた次第です。 (ただし、行政の後押しがないと成立しない事業)                             (三重県明社 松島雅樹)

 

Img_4088 初代松代藩主・真田信之のご威光が、いまも輝いている街並み。武家屋敷、町屋商家、こうした文化財を大切に保存され、観光資源として活用されている。電線地中化、ゴミが落ちていない街。モノを大切にし、訪れる観光客をもてなす心に感銘を覚えました。

今回、全行程のガイドをして下さった、夢空間松代の事務局長・三田さんと、我々の活動の紹介をさせていただきながら、立ち話でさまざまなお知恵をいただきました。とりわけ、“協働”について「顔が見える情報交換をしながら、お互いに協力できることが必要です。そうすることで自分たちの動きもはっきり見えてくるんです」「すべては人と人との交流からはじまる。さまざまな意見、考え方を持った人と人との交流は情報の発信基地となります。新しい関係が広がってコラボしていくと、一人の考えじゃできないことも実現することがあります」と、教えていただきました。

                 Img_4105 Img_4078

ややもすると、いつのまにか価値観の違いを受け入れず、閉鎖的な活動に陥ることがありがちです。私は今回、さまざまな人が集う『志民カレッジ』に参加させていただき、見聞を深め、交流を持たせていただいたことで、人間的な幅を広げさせていただいたように思います。ありがとうございました。

(埼玉県・八潮明社 渡辺利行)

 


『明社志民カレッジ第1回研修』


Img_4142 全国明社(砂川敏文 理事長)は、平成2893日(土)・4日(日)の2日間、参加者・スタッフ10名で明社志民カレッジ第1回の研修を行いました。今回の研修は、平成12年長野市が立案した「松代地区中心市街地活性化基本計画」による、町全体を博物館にする「信州松代まるごと博物館構想」を受け、平成136月に任意団体として住民有志100名で発足後、翌年6月にNPO法人の認証を受けて以来、信州松代の歴史・文化・自然・人物など地域に潜在する資源を掘り起こし、光を当てて磨きあげ全国に発信して、住んで住みやすく訪れて心憩えるまちを目指して、住民によるまちづくりに取り組んでいる『NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会』(http://npo-yumekuukan.com/)の活動手法を学ぶもので、事務局長の三田さん他スタッフの案内で松代の街並みを歩き、活動状況を確認しました。

見学コースは、3日:旧松代駅 →松代公民館(三田事務局長によるレクチャー)
                   Img_4029_4 Img_4044_2
                   →
旧樋口家住宅→ 文武学校
                   Img_4064 Img_4073
                   →
白井家の門→象山神社→山寺常山邸
                   Img_4079 Img_4103
                   →
象山地下壕
                   Img_4121 Img_4110
        →
横田家住宅→松代支所(製糸工場跡看板)→坂口酒店(まちの縁側)

       →大英寺(小松姫の霊廟)→寺町商家→八田家→まち歩きセンター
                                        Img_4127

                Img_4132 Img_4137

               (それぞれの場所の詳細は、こちらでご覧いただけます。  

                 http://www.matsushiro-year.jp/modules/sightseeingroot/

4日:国蝶オオムラサキ保護の現場(小林正さんのお話と森の見学)
          →
児童福祉施設松代福祉寮(施設概要説明と施設の見学 

      http://www.grn.janis.or.jp/~m2782556/A-ennkaku.htm 
                   Img_4150 Img_4169_2

2日間を通して、松代に住む人たちが自分の町を愛おしく感じ、誇りに思えるまちづくりに取り組んできたこれまでの経緯をうかがい、また実際の街並みを歩いてみて、リーダーの一貫してぶれない姿勢が住む人たちの共感・信頼に繋がり、ここまでの活動に広がったのだと実感しました。

 

                                                   (全国明社事務局)

 

 


『熊本地震被害状況視察報告と今後の取り組みについて』


全国明社(砂川敏文理事長)では、熊本地震災害への支援の在り方について、820日(土)から22日(月)の3日間、萩谷岩央理事と原良次事務局長の2名が被災地を視察し、支援団体等に面談、現状の支援と今後の在り方について調査しました。

 

まず熊本県明社・清田春雄会長との面談では、「熊本市内の明社会員、特に阿蘇明社の会員の方に被害が大きく、現状は生活の立て直しで精いっぱいである。しかし、このような状況だからこそ、県明社として会合を開き、復興に向けての決起を促したい。」と、熊本県明社としての方向性を確認。全国明社としても、そのために必要な支援を行う用意があることをお伝えしました。

引き続き、『九州キリスト災害支援センター(略称・九キ災) 』の佐藤牧師とお会いして、支援の状況をお聞きしました。 現在、九キ災では、

  ① 熊本市内にボランティ要請チラシを配布し、個々の被災者への支援を行っている。

  ② 震災後、子供たちに地震へのトラウマがあるため、メンタルケア―が必要と考え、子供支援のためのコンサートなどを行い、子供たちの心のケアーに当たっている。

  ③ 今後も子供支援を継続するにあたり、オリンピックも終了したのでアスリートを呼んで、スポーツを通して心のケアーをしようと考えている、との事でした。

  その後、今回の地震で被害の大きかった益城町へ向かい、益城町社会福祉協議会 宮本会長にボランティアの状況や、被災された方たちの現状を伺いました。
              Dsc04062 Dsc04068

                             Dsc04070_2

今日も200人ほどのボランティアが集まり、被災家屋整理等に当たっている。

          Dsc04040_3       Dsc04039_3

                            Dsc04045  

           Dsc04042_2      Dsc04043_2

     ②現在、避難所には1,000人くらいの方が居るが、10月頃には全て仮設に入れる予である。

   ③今後の課題は仮設住宅における自治会の設置である。

   ④ 熊本市内最大の仮設が熊本空港横にある「テクノ仮設団地」516戸で、市街地から遠く買い物などが不便なため、現在イオン九州がコンビニ程度の大きさの店舗を建設中である。

   ⑤ このテクノ団地は第3次募集で全戸入居になったが、未だ自治会が組織されていない。自治会がないと集会場の管理が出来ないため、せっかくの集会場も使えないままになっている、との事。

 

   Dsc04056_3   お話を伺ったあと、益城町木山仮設住宅を視察しました。この木山仮設住宅も自治会が組織されておらず、社協職員が定期的に巡回しているそうです。

                                 Dsc04050_2
                               Dsc04053_3
                      Dsc04054_3
  

    そして最後に、木山キリスト教会 小田牧師とお会いしました。小田牧師によると、ボランティアの集合・休憩・食事等に教会を利用していただいているそうで、今後の支援について、来た方のお世話はさせて頂くが、仮設などの自治会等への関わりは難しいとのお話でした。

               Dsc04079_4   

  以上の報告を受け、827日に開催された平成28年度第2回理事会において、今後の本への支援のあり方を検討した結果、
 九キ災との協働も視野に入れた『子ども支援』を行う

    ② 益城町社協と協働して、仮設住宅におけるコミュニティづくりへの支援を行う 以上2点を決議しました。

  支援の内容については、実施の都度皆さまにお知らせしてまいります。  

 

                                                                                                  (全国明社事務局)


『濱田珠鳳さん指絵実演と体験』ご報告


 Img_3534_2 明るい社会づくり運動(砂川敏文理事長)は、728()明るい社会づくり運動石巻地区推進協議会(斎藤正美会長)と協働して、石巻市のプレナホールにおいて、鳥取県米子市在住の指絵画家・濱田珠鳳さんの指絵の実演と、体験講座を開催しました。

   ご午前中の子どもの部に参加したのは、小学校2年生から6年生までの5人と保護者の方々を含めた大人5人。濱田さんの実演を見たあと、ナスやパブリカなどの野菜やスイカ・桃と言った果物の絵に取り組みました。指で描くことに最初は戸惑った様子の子どもたちでしたが、濱田さんに促されて絵具を手にすると、あとは一気に絵を描き上げ、終了後に濱田さんからポストカードをいただき、満足気な顔で帰っていきました。

         Img_3483Img_3495

  午後からの成人の部には、市内の企業で就業中のベトナム人研修生の女性10名を含めた50名が参加。実演で濱田さんの指先から生み出されていく牡丹の絵に、声もなく見入る姿が印象的でした。その後、全員がそれぞれに画材に取り組み、笑い声や歓声のあがる楽しい時間を過ごしました。最後に濱田さんが作詞した、震災でなくなった子どもが親や友達に向けて語りかける内容の‟ひまわりの道を歌って、体験講座を終了しました。

                   Img_3567

        Img_3572Img_3587

 参加者の感想です。まずは、小学生。

 「指で描くのは難しかった」

 「難しかったけど、楽しかった」

 「上手にかけて嬉しかった。他の絵も、もっと描きたかった」

 大人たちの感想は

 「普段絵をかくようなチャンスがないから、今回先生にお会いしたことで、絵心のない自分でもそれなりの絵を描けたことがとても嬉しい。そして、周りの皆さんもいい笑顔になっていて、それがまたとても嬉しい。元気をもらえました。ありがとうございます」

 「絵手紙をやっているが、筆と指ではまったく違い、指で描くのは難しい。でも、時には指で絵手紙を描いたら、また違った味がでて楽しいと思う」

 「楽しかった。初めての経験だが、自分では満足の出来です」

 「心に重いものを抱えての参加だったが、先生に手直していただいた絵を眺めていたら、自然に素直な涙が流れてきた。強い気をもらい、感謝しています。ありがとうございました」

 「初めて。もう何回か描いてみたら、もう少しうまく描けるようになると思うので、またこういう場をつくって欲しい」

 「難しかったけど楽しかった。日本語をしっかり覚えて、仕事も頑張りたい」

         Img_3577Img_3589

 濱田さんは、「5年前と比べると(http://meisha.cocolog-nifty.com/honbu/2011/11/post-79d8.html)皆さんのお顔がとても明るくなっていて、私も嬉しいです。これからも機会をつくって、被災地の支援を続けたい」と語っておられました。

 

                                                 (全国明社事務局)

 


『2016全国集会in沖縄』ご報告


    Dsc_5080_2 全国明社(砂川敏文理事長)は、72日(土)沖縄県那覇市のパシフィックホテルを会場に『2016全国集会in沖縄』を開催しました。
 全国各地から集まった参加者は160名。会場では、地元の‟花わらべ“の皆さんと‟島うた少女テン”の皆さんが唄と踊りでお出迎え、砂川理事長の主催者挨拶、翁長雄志沖縄県知事のメッセージ(代読)の後、琉球大学高良倉吉名誉教授による「琉球の歴史とアジア」と題した基調講演が行われました。

                     Dsc_5029_3 Dsc_5045_2

    Dsc_5112 高良名誉教授は、琉球王国は東シナ海の小さな島だったけれど、早くからアジアに目を向けていた開かれた国であり、琉球が果たした役割は大きかったとお話しくださいました。その後、休憩をはさみ日本国際ボランティアセンターの谷山博史代表が、「ラオスに井戸を贈る運動」の現状報告を行い、

引き続きNPO法人アクアプラネット理事長の金城浩二さんが「サンゴの島が教えてくれたこと」のテーマで講演を行いました。たくさんの苦労と試練の日々、そしてそれを支えた奥さまや家族との絆を淡々とした口調で語る金城さんの講演に、感動の拍手が鳴りやみませんでした。

              Dsc_5137              Dsc_0249_2
Dsc_5264_2  交流会の準備が整うまでの間、フロアーでは沖縄民族衣装を身に着けての記念撮影が行われ、紅型の鮮やかな着物を身にまとい、笠をかぶり、皆さん沖縄気分を楽しんでいました。
 Dsc_5267 18時からは、NPO法人明るい社会づくり運動沖縄地区協議会・上原清理事長の歓迎挨拶、城間幹子那覇市長の来賓挨拶の後、全国明社槇ひさ惠監事による乾杯の音頭で交流会がスタート。花わらべ・島うた少女テン・那覇市大嶺青年団・創作太鼓集団の皆さんが琉舞・島唄・三線・エイサーとなどのアトラクションを披露、参加者は沖縄の皆さんの熱いおもてなしを堪能しました。
                    Dsc_5437_2 Dsc_5366

最後に山口県の萩市明るい社会づくり推進協議会の皆さんがステージに登場、萩での次回開催を宣言・アピールした後、全員で沖縄のリズムに合わせカチャーシーを踊り、沼田壽雄常務による閉会の挨拶でプログラムを終了しました。                                          
                                          Dsc_5465
                   Dsc_0788_2 Dsc_0798

 

                                           (全国明社事務局)