都道府県・地区明社 活動紹介

広島県明るい社会づくり運動連絡会『フラワーフェスティバルごみ分別収集ボランティア』


53日から5日まで、広島市の平和大通りや平和公園を主会場に行われる、ひろしまフラワーフェスティバル。今年も、3日に行われた花の総合パレードでは、海外のチームを含む92の団体が参加。5日のきんさいYOSAKOIでは38チームが平和大通りを練り歩き、平和公園に設置されたメインステージでは48チームが力強い踊を披露。また各地の物産展や各ステージでのパフォーマンスなど、多彩な催しが連日繰り広げられ、観客数は昨年を46千人上回る158万人となりました。
  Img_7123 広島県明るい社会づくり運動連絡会(石栗實会長)では、毎年フラワーフェスティバルの期間中、会場内のゴミ分別収集ボランティアとして、この催しを支えています。今年は、53日(木・祝)に安佐北・南協議会の39人が14時半か18時まで、4日(金・祝)は南区協議会・廿日市区協議会・中区協議会・安芸区協議会・東広島市協議会・大竹協議会の6地区158人が、11時から18時まで、最終日の5日(土・祝)は西区協議会・佐伯区協議会・東区協議会・高陽協議会・高田地区協議会・備北協議会・大竹市協議会の7地区83人が14時半から18時まで、平和大通り内の6つのエリアに設置された30ヶ所のゴミ箱の脇に立ち、分別収集の案内を行いました。
                   Img_6913 Img_7046

 参加の皆さんは、毎年恒例の行事とあって手慣れたもの。集合の30分前には明社のゴミステーションのテントは満杯の状態で、手に手に軍手やゴミばさみを持ち、自分の持ち場を地図で確認するなど、開始時間が待ちきれない様子。石栗会長からの注意事項を聞くと、一斉に持ち場へ向かいます。
                    Img_7128Img_7127

 年を重ねるごとに、ゴミはゴミ箱への意識が根付いてきて、今では道路の角にゴミが山積みになっている光景は、ほとんど見られなくなりました。分別に関しては、8割くらいの人はキチンとそれぞれのゴミ箱に分けて捨てたり、側に立つボランティアに確認しながら捨てて行くなどしていますが、なかには燃えるゴミと燃えないゴミを袋に一緒に入れたまま、無造作に捨てていく人もいるので、そういう場合は、ボランティアが分別しなおしそれぞれのゴミ箱に入れることになります。 
                   Img_7165Img_7132                                           Img_7180Img_7038
   Img_7151_2 それでも、「ゴミ箱に捨てると言う行為が出来ているだけ、まだ良しですよね」と、皆さん嫌な顔をせず、笑顔で対応しています。小さなお子さんが親御さんに言われてゴミを捨てにきて、「ありがとうね」の言葉に嬉しそうに戻っていく後姿に、「ああ言う姿を見ると、嬉しいです。励みになります。」とまた笑顔。その笑顔に、皆さんのボランティアとして の心意気を感じました。

                                                                                                                   (全国明社事務局)


                                       ※写真はクリックで大きくなります。