都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動金剛フォーラム『平成30年度総会』開催


513日(日)、大阪府地区明社連絡会所属の明るい社会づくり運動金剛フォーラム(飯田啓三会長)の総会が開催されました。会場となったのは、河内長野市立林業総合センター木根館(キンコンカンと読みます)で、あいにくの雨にもかかわらず沢山の会員が参加しました。
               Cid_image011_jpg01d3eb6b Cid_image012_jpg01d3eb6b
   金剛フォーラムは、医療センターや神社・河川の美化活動の他、河内長野市の市民公益活動にも参加しており、市民祭りでのフリーマーケットの収益金は全額「みやぎ子ども育英募金」に寄託するなど、公共の福祉に大変力を入れています。
                                      Cid_image015_jpg01d3eb6b_2
               Cid_image011_jpg01d3eb6c Cid_image013_jpg01d3eb6b
        Cid_image014_jpg01d3eb6b Cid_image009_jpg01d3eb6c_2
  総会議事はスムーズに進行し、二部としてギタリストのアントニオ利根川さんとピアニストのマダム玉木さんが、楽しい演奏や歌を聴かせてくださいました。
               Cid_image012_jpg01d3eb6c Cid_image010_jpg01d3eb6c_2                                                                     
Cid_image003_jpg01d3ec23_2
   参加されていたお子さん達が楽しめる曲の演奏もあり、ほのぼのとした雰囲気の総会となりました。

            
                                                                      (大阪府地区明社連絡会事務局 杉本光正)

                                   ※写真はクリックで大きくなります。


明るい社会づくり運動四街道協議会『定期総会』開催


千葉県の明るい社会づくり運動四街道協議会(阿部光男会長)は、平成30421()午後2時から、四街道市文化センター会議室で会員代表33名の参加のもと、定期総会を開催しました。
   会長の開催挨拶、来賓者から市議会議員の森本次郎様と栗原直也様のご挨拶の後、平成29年度の活動実績と平成30年度の活動計画報告及び予決算報告を行い、議事の審議はすべて議決され総会は終了いたしました。
P4210023_2   引き続き、今回、四街道市社会福祉協議会の豊田紀幸主任主事に、「四街道のボランティアの現状」〜ボランティアで地域貢献と生きがいづくり〜と題しての講演をお願いしました。
 講演では、「各市の社会福祉協議会は営利を目的にしない民間組織で、四街道市の社協に登録している74団体と、個人ボランティア382人を含めて、合計2,337人が多岐にわたり地域の中で諸活動を行っている。」
   「ボランティアの共通の悩みとして、高齢化により仲間が減少し新たな担い手が増えないこと。この対応にはボランティアセンターで情報誌による広報、相談日の開設、各種ボランテイア講座の開催、口コミやなかまづくりボランテイアパーティーなどで呼びかけて、意義やニーズそしてボランティア参加による喜びと成功体験が得られる活動事例の紹介など行なっている。」
   「ボランティアによる地域活動は、現状に甘んじることなくいつも活動を見直し、今、何が必要とされているかを考えて、より良い社会を市民の手で創る活動である。そしてリーダの確保には、リーダはたくさんのことを背負いすぎないこと。リーダの役割が大きすぎると後継者が見つからなくなる。役割分担することで、メンバーみんなで負担なく活動でき、活動に広がりもできる。」
   「高齢者になってもボランティア活動を続けられるのは、『いいことだから』だけでなく『その人が必要とされているから』と言える。また高齢者が高齢者を支えなければならない時代であることを認識し、地域活動を続けることが、自らの介護予防にもつながる。」とお話しくださり、最後に、「好きなこと、自分にできることで関わり、人の喜ぶことを通して自己実現を体得することが大事である。そのためには、自分の住んでいる地域に目を向けよう」と結ばれました。
         P4210027_3P4210025_3
   参加者は、地域貢献のお話はとても大事なこと、地域とつながっていることがどんなに大事かがとてもよく理解でき、ボランティアが地域づくりに最も重要なことだと再確認できました。多くの皆さまから感謝とお礼の言葉が届けられ、明るい社会づくり運動が社会福祉協議会と連携・協力することで、地区活動にとっても活動内容の充実発展につながると思います。心に残る有意義な講演会となりました。 ありがとうございました。

                                                            (四街道明社 事務局)



               
※追記:6月7日文章の一部修正を行いました。



OSAKAひまわり西南ネット『第36回総会と講演会』


Cid_image002_jpg01d3e5e3 55日(土・祝)「OSAKAひまわり西南ネット」(平賀博希会長) の第36回総会が開催され、大阪府地区明社連絡会の事務局として参加しました。この地区明社は、こつこつと地道に活動を継続されておりますが、会長挨拶の中で「年に一度の会員親睦の集いでの、恒例の「みかん園」散策は道がきついため、今年度は道のゆるやかな「ぶどう園」に変更する予定・・・」と 会員の高齢化に触れられていました。
Cid_image006_jpg01d3e5e3
                              Cid_image010_jpg01d3e5e3  
  大阪地区明社連 催される『明社提唱50周年記念・前年音楽祭』は、中学高校の吹奏楽部の演奏を中心に、若い方達との触れ合いを大きな目的とした、楽しい音楽の集いです。どうぞお楽しみに・・・」と、今後の進み方も含めてPRさせていただきました。
                 Cid_image004_jpg01d3e5e3_2Cid_image008_jpg01d3e5e3_2      
   その後議事も円滑に進行し、第二部として大阪市西成消防署・地域担当指令の田中豊氏が、『火災予防と高齢者の安全対策』と題して、消火・通報・避難の重要性について詳しく説明くださり、改めて火事の怖さ、日頃の心がけの大切さを痛感する有意義な講演をもって、総会を終了しました。
                 Cid_image012_jpg01d3e5e3_3Cid_image014_jpg01d3e5e3_3
 
       

                                                           (大阪府地区明社連絡会事務局 杉本光正)

               ※写真はクリックで大きくなります。


広島県明るい社会づくり運動連絡会『フラワーフェスティバルごみ分別収集ボランティア』


53日から5日まで、広島市の平和大通りや平和公園を主会場に行われる、ひろしまフラワーフェスティバル。今年も、3日に行われた花の総合パレードでは、海外のチームを含む92の団体が参加。5日のきんさいYOSAKOIでは38チームが平和大通りを練り歩き、平和公園に設置されたメインステージでは48チームが力強い踊を披露。また各地の物産展や各ステージでのパフォーマンスなど、多彩な催しが連日繰り広げられ、観客数は昨年を46千人上回る158万人となりました。
  Img_7123 広島県明るい社会づくり運動連絡会(石栗實会長)では、毎年フラワーフェスティバルの期間中、会場内のゴミ分別収集ボランティアとして、この催しを支えています。今年は、53日(木・祝)に安佐北・南協議会の39人が14時半か18時まで、4日(金・祝)は南区協議会・廿日市区協議会・中区協議会・安芸区協議会・東広島市協議会・大竹協議会の6地区158人が、11時から18時まで、最終日の5日(土・祝)は西区協議会・佐伯区協議会・東区協議会・高陽協議会・高田地区協議会・備北協議会・大竹市協議会の7地区83人が14時半から18時まで、平和大通り内の6つのエリアに設置された30ヶ所のゴミ箱の脇に立ち、分別収集の案内を行いました。
                   Img_6913 Img_7046

 参加の皆さんは、毎年恒例の行事とあって手慣れたもの。集合の30分前には明社のゴミステーションのテントは満杯の状態で、手に手に軍手やゴミばさみを持ち、自分の持ち場を地図で確認するなど、開始時間が待ちきれない様子。石栗会長からの注意事項を聞くと、一斉に持ち場へ向かいます。
                    Img_7128Img_7127

 年を重ねるごとに、ゴミはゴミ箱への意識が根付いてきて、今では道路の角にゴミが山積みになっている光景は、ほとんど見られなくなりました。分別に関しては、8割くらいの人はキチンとそれぞれのゴミ箱に分けて捨てたり、側に立つボランティアに確認しながら捨てて行くなどしていますが、なかには燃えるゴミと燃えないゴミを袋に一緒に入れたまま、無造作に捨てていく人もいるので、そういう場合は、ボランティアが分別しなおしそれぞれのゴミ箱に入れることになります。 
                   Img_7165Img_7132                                           Img_7180Img_7038
   Img_7151_2 それでも、「ゴミ箱に捨てると言う行為が出来ているだけ、まだ良しですよね」と、皆さん嫌な顔をせず、笑顔で対応しています。小さなお子さんが親御さんに言われてゴミを捨てにきて、「ありがとうね」の言葉に嬉しそうに戻っていく後姿に、「ああ言う姿を見ると、嬉しいです。励みになります。」とまた笑顔。その笑顔に、皆さんのボランティアとして の心意気を感じました。

                                                                                                                   (全国明社事務局)


                                       ※写真はクリックで大きくなります。


特定非営利活動法人明るい社会づくり運動沖縄地区協議会『第73回清掃活動・100万人のGOMI拾い』


特定非営利活動法人明るい社会づくり運動沖縄地区協議会(上原清会長)は、53(木・祝)『第73回清掃活動・100万人のGOMI拾い』を行った。朝930分に那覇商工会議所にある明社事務所前に集合。上原会長の挨拶の後、宮城副理事長が行程説明を行い、与那嶺事務局長が参加者160人を2つのグループに分け、諸注意をした後、それぞれに軍手、ちり袋、ちりばさみを受け取り清掃に向かった。
         Dsc06226Dsc06253

  当日は、雨天にもかかわらず、参加者は雨合羽を着てやる気マンマン!ゴミ拾いが始まると、小雨になり、雨が止み、路側のゴミや街路樹の根元などをかき分けゴミを拾った。
                 Dsc06299_2

         Dsc06315_2Dsc06418_3        
   Dsc06358_4 ゴミ拾いは、明社事務所より約3.8㎞先にある琉柱公園。先には那覇ふ頭・新港ふ頭があり、海外の大型客船が停泊し、観光名所(福州園、孔子廊、対馬丸記念会館、若狭海浜公園等)への移動の主要道路となっている。観光客へ、楽しく観光してもらうための一環がこの清掃活動であり、地元自治会や、商工会議所の青年部なども共に行っている。
       Dsc06434_4
                                                           Dsc06443_5
   清掃終了後、明社事務所に再度集合。大人には飲み物とおにぎり、子どもにはお菓子が、また参加者には感謝状が渡された。

          Dsc06502Dsc06514


                                            (全国明社事務局)

 

                    ※写真はクリックで大きくなります。