都道府県・地区明社 活動紹介

茨城県中央ブロック明るい社会づくり連絡協議会『第6期いはらき中央明社塾修了式』


Img_6890_4    水戸ブロック明るい社会づくりの会・ひたちなか明るい社会づくりの会・那珂明るい社会づくりの会・笠間ブロック明るい社会づくりの会・大洗明るい社会づくりの会・奥久慈明るい社会づくりの会の6地区で構成される茨城県中央ブロック明るい社会づくり連絡協議会(鯨岡武会長)は、317日(土)・18()那珂市中央公民館で、『第6期いはらき中央明社塾・第5回研鑽と修了式』を行いました。
  この塾は1回~4回までが日帰り研鑽、5回目は宿泊研鑽となっており、参加した塾生は修了後に運営委員として次期からの塾の運営に関ります。13時から始まったこの日の研修は、全員での行動指針の唱和、細井孝雄運営委員長挨拶のあと、塾生以外の一般の明社会員20名も参加して萩谷岩央全国明社理事による「これからの明社運動と塾生の役割」と題した講演が行われました。萩谷理事は、「現状の明社の意識と青年のやりたいことがマッチングしていない。青年たちは、自分たちのやりたいことには積極的に参加するもの。こちらの既存の企画に取り込むのではなく、青年たちのやりたいことを企画する姿勢が必要」「組織があるから何かできるという事ではない。動き始めれば協力者は増えてくる」「自分の周囲の人的資源に活かす工夫が必要」などと、自身のこれまでの経験の中から培われた思いを熱く語り、その後の質疑応答では活発に意見の交換が行われました。 
                    Img_6814_2 Img_6820
  その後、塾生と運営委員が
2グループに分かれてグループ討議。会場を宿泊場所へ移しての夜なべ談議による懇親と続き、夜遅くまで明社運動への想いを語り合いました。
                    Img_6821 Img_6828
 Img_684218日は、椎名仁塾長による「学んだことは行動に移してこそ、自分のものにできる。必ず行動に移して欲しい」との塾長あいさつで始まり、グループ討議、塾生によるグループ討議の発表が行われ、椎名塾長による総括で第6期の研鑽を終了。その後、昼食をはさみ13時から修了式が行われました。
 Img_6837Img_6865 証書授与、鯨岡会長の祝辞に続いて塾生の決意発表があり、「自分の身の周りにいるお年寄りたちが、いつも笑顔で過ごせるような働きかけをしていきたい」「自分も楽しみ、かつ周囲に喜んでもらえることを続けていきます」「自分にもできることがあると分かったので、くじけず頑張ります」と発表。
   最後に佐野泰弘運営委員が「学んではみたものの、自分には他の人のようなたいそうな行動はできないから、明社運動などは出来ないと思っていないか?明社の理念の深遠さに触れてしまい、腰が引けてしまったりしていないか?理想と現実のギャップを前にやる気が萎えてしまいそうではないか?大事なことは、ほんの些細なことからでもいいから実行・実践すること。今日から、今ここから、自分の身のまわりの出来ることから"明るい社会づくり“をしていこう!」と激励の言葉を送り、午後2時半に終了しました。

 

                               (全国明社事務局)


                    ※写真はクリックで大きくなります。


明るい社会づくり運動中和ブロック協議会『橿原神宮の清掃奉仕』


Img_0732_3良県の明るい社会づくり運動中和ブロック協議会(福井達雄会長)では、年末恒例になっております橿原神宮の清掃奉仕を、平成291216日(土)午前930分より行いました。
 今回は、近くの聖心学園中等教育学校の生徒さん120名(各学年30名)、先生10名、PTAから4名の参加があり、私たち中和明社会員を入れますと170名ほどになりました。
 掃除を始める前にお祓いをしていただき、参加者全員で正式参拝をさせていただきました。その後、福井会長のあいさつに続いて生徒さん代表より「地域のボランティア活動に私たちも一緒に参加できたことを嬉しく思います・・・」との内容のあいさつがありました。
 その後、清掃にかかりましたが、さすが人数が多かったせいか広い外拝殿前広場、土間殿などが綺麗になりました。私たちの孫、ひ孫の様な年頃の生徒さんたちと一緒に作業ができ、雰囲気も明るく、楽しい時間でした。この様な姿こそが、明るい社会づくり運動の目指すところだと思いました。


                                                                         (中和明社事務局長 高木元治)


                                             ※写真はクリックで大きくなります。


NPO法人練馬明るい社会づくりの会『山崎直子宇宙飛行士の講演会と松本零士トークショー』


180218_828_0032_3 NPO法人練馬明るい社会づくりの会(黒江透修会長)は、218日(日)、東京・練馬区の富士見中学・高等学校の山崎記念講堂で、宇宙飛行士の山崎直子さんの講演会と漫画家の松本零士さんとのトークショーを開催し、市民ら約500人が参加しました。
   このイベントは、「練馬区独立70周年記念区民協働事業」の一つで、宇宙に憧れをもつ青少年の夢への挑戦を応援するとともに、探究心や命を大切にする心をはぐくむことを目的に企画しました。すでに2年前から企画を練っていたという練馬明社が、区民協働事業に応募したのは平成298月のこと。区へ寄せられた27の企画の中から採用された、5企画のなかの一つです。180218_828_0117_5
  180218_828_0065_7 前川耀男練馬区長の挨拶に続いて行われた「宇宙・人・夢をつなぐ」と題した講演で山崎さんは、20104月、スペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗した体験を紹介し、「宇宙の誕生から138億年といわれていますが、人間は無数の星と兄弟であり、宇宙の一部だと実感しました。宇宙を知ることは、地球、すなわち人間を理解することにほかなりません」と語られました。また、質疑応答では、会場から多数の手が挙がり、山崎さんはステージから会場に降りて、一人一人の質問に答えられました。
 休憩をはさんだ第2部のトークショーは、山崎さんと練馬区名誉区民である松本さんが登壇し、科学ジャーナリストの寺門和夫さんのコーディネートで、宇宙への夢やその実現に向けて何が必要な要素なのか…等、お二人の楽しいトークが繰り広げられました。
                    180218_828_0182_6 180218_828_0183_3
                                         180218_828_0192_9
    最後に練馬明社の黒江透修会長が謝辞を述べ、午後4時に終了しました。宇宙への夢が広がった一日となりました。


                                                                                          (全国明社事務局)

                       
                                                        ※写真はクリックで大きくなります。