都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動広島県備北協議会『サダコの祈り〜紛争地にとどけ』講演会


201712122_2 明るい社会づくり運動広島県備北協議会(高畑隆雄会長)は、平成291112日(日)14時から三次市のみよしまちづくりセンターにおいて、講師に国連訓練調査研究所(ユニタール)広島事務所のシャムスル・ハデイ・シャムス氏をお招きし、講演会「サダコの祈り〜紛争地にとどけ」を開催しました。講演は英語で行われましたが、山本のぞみさんの同時通訳で、とても分かりやすくご講演をいただきました。
  20171212_2 アフガニスタン出身のシャムス氏は、原爆の惨禍から凄まじい早さで復興した広島に興味をもち、広島大学において平和研究を学ばれ博士号を取得され、現在は国連訓練調査研究所(ユニタール)広島事務所に勤務されています。広島平和公園の原爆の子の像のモデルとなった佐々木禎子さんを題材とした絵本「サダコの祈り」を母国語に翻訳、自費や被爆者からの募金で出版し、アフガニスタンや南スーダンなどの小・中学校で配布しながら、なぜ戦争はいけないのか、なぜ平和であることが大切なのかといった教育をする活動をされていること、またそれぞれの地域の現状や人々の暮らしについても、写真やビデオで分かりやすく講演をいただきました。一昨年のアフガニスタンの大地震の際には、広島市内の2つの高校の生徒が街頭募金をし、市民から寄せられた募金でシャムス氏が現地の学校に顕微鏡や文房具を届けられたそうです。
    日本においては戦後72年が経過し、戦争・被曝経験者が減少する中、私たちの平和の大切さに対する意識も低下して来ているように感じます。今回の講演を通じて、改めて世界には紛争や内戦により、未だ平和や復興の見出せない地域があることを再認識しました。私たちはこれからも平和な世界の実現や、人々の幸せを願い行動しなければならないと感じた講演会でした。
   今回の講演会開催にご協力いただいた、シャムス博士をはじめユニタール広島事務所の皆さま、地域自治体や教育委員会、講演会スタッフの皆さまに厚く御礼申し上げます。


                                                                        (広島県備北協議会会長 高畑 隆雄)

                                  ※写真はクリックで大きくなります。