都道府県・地区明社 活動紹介

薩摩明るい社会づくりの会『川内大綱引・清掃ボランティア』


Dsc05492_2 鹿児島県の薩摩川内市で毎年秋分の日の前日に行われる大綱引が、今年も922日(金)に開催されました。この大綱引は、今年で418回目。400年以上も続く、鹿児島県の無形民族文化財に指定されている歴史ある祭りです。
  Dsc05446_3 あいにくと22日は鹿児島地方に大雨警報の出る中、早朝から自衛隊・消防団・商工会・市議会・建設協会・県立川内高校、私立れいめい高校の学生・地元有志の皆さん1,500人が集まり、330本の綱を長さ365m直径約40センチ、重さ7トンの大綱に編み上げる準備を始めます。雨も上がって日差しも出てきた午前10時、練り出しが始まり、午後3時過ぎに1本に練り上げられた大綱が会場に運びこれました。
                 Dsc05462_4   Dsc05449_2
  大綱引は、午後815分の合図とともに総勢3,000人の若衆が上方・下方に分かれ一斉に引き合います。
                                     Dsc05576
綱引きの勝敗を決するまでには
1時間半ほどの時間を要し激しくもみ合うため、会場となる国道3号線には無数の藁が飛び散ることになります。祭りの終了後、その飛散した藁の清掃活動を行うのが、薩摩明るい社会づくりの会(春園健一郎会長)のメンバーで、当日大綱引きが始まると同時に、メンバーは会場近くの公園に集合し、実行委員長より各班の清掃分担・注意事項などの説明を聞き、祭りの終了まで待機します。
                    Dsc05523Dsc05517
   今年の大綱引きは上方の勝ちで、終了は午後945分。その後大綱の片づけ、観客の整理などで清掃ができる状態になったのは午後1010分。祭りのための国道3号線の交通規制は午後11時までなので、規制解除までのわずか50分で、清掃を終わらせなければなりません。
 この日、集まった薩摩明社のメンバーは150人。委員長の合図で、一斉に清掃を開始しました。
                  Dsc05634   Dsc05615_2
Dsc05681 川内大綱引き祭りの後の清掃活動は、薩摩明社として
14年続いています。「雨で路面が濡れていると、掃いてもなかなか藁が取れないんです。でも永年やっているので、会員さんは慣れたものですよ」と平山憲男実行委員長。
 交通規制解除5分前の午後1055分には、無事清掃が終了。その後、集合場所に再度集まり活動の確認をし、メロンパンと飲みものを受け取って解散となりました。    
                                Dsc05730                                           Dsc05735


                                                                          (全国明社事務局)


                         ※写真はクリックで大きくなります。