都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動松戸協議会『松戸浅間神社清掃』ご報告


Dscf7239 明るい社会づくり運動松戸協議会(青木義昇 会長)が毎月清掃をさせて頂いている浅間神社は、東京都と千葉県の県境である江戸川を渡った、千葉県松戸市の市街地の中にあります。創建は江戸時代(1647年)と言われ、小高い山の頂に浅間神社のお社があり、山の麓には社務所、神楽殿、鳥居、その他の建物が在ります。この山は富士山に見立てられた富士塚で、麓の鳥居を潜り山頂に登る階段の両脇には一合目から十合目までの標識が建っていて、昔富士山の信仰者で本当の富士山に登れない人は、この浅間神社に登って祈りをささげていたのかと思います。

Dscf7258 この様に信仰の山として長期間保護されてきた結果、日照・気温・湿度等の自然環境に適応できない樹木の淘汰がすすみ、やがて生育に適した植物のみが定着し、長期的に安定した植生が維持された極相林として、昭和41年に千葉県の天然記念物に指定されています。この様に260年の歴史があり、信仰的で生物学的にも重要な、又市民の憩いの場である浅間神社の清掃を、約20年前からさせて頂いていて、現在は1520名の仲間と共に気持ちの良い汗をかきながら活動しています。

清掃中、参拝に来られる方々に『おはようございます』『いつも有難うございます』『暑いのにご苦労様』と声かけをしていただくと、疲れも一蹴されます。清掃を行っていると様々な事象、人々とのふれあいを通して普段の生活では見えない様な仲間の新しい一面を発見することが出来る事があります。

  この他にも松戸明社では、独居老人宅の庭の整理、清掃、駅前広場の清掃、市の催事のあとのゴミ拾い等の活動も行っています。

                                      Dscf7260_2

先輩の方々より引き継いだこの縁を大切にし、守り、仲間とお互いに励ましあい支えあいながら、後輩へ繋げていけるよう今後も清掃を続けて行きたいと思います。

                                                                       (松戸明社環境委員会 柳 正太郎)

          ※写真はクリックで大きくなります。