都道府県・地区明社 活動紹介

東京明るい社会づくり運動区部協議会『第6回会長会』ご報告


東京明るい社会づくり運動区部協議会(200849発足 西原文隆会長)では、構成する19地区の情報交換を常時継続していますが、更なる連携と懇親を深める願いをもって、6年前から各地区明社の会長・事務局長のほか、協力団体の教会長・東京教区長、また多摩地区明社役員などが一堂に会し、毎年11月の第1土曜日に「会長会」を開催させていただいています。

平成28115()の第6回会長会は、杉並明社の協力のもと杉並区の「大宮 八幡宮」で行われ、総勢73名が出席。第1部は、社殿前での集合写真撮影のあと昇殿、開催奉告参拝。次いで杉並明社副会長の鎌田紀彦宮司から参拝御礼の挨拶と当宮由緒の説明を頂きました

                                    Dsc_0517
 Dsc02219 その後、会場を清涼殿に移し第2部がもたれ、東日本大震災・熊本地震他災害犠牲者慰霊並びに平和祈願・黙祷の後、西原文隆東京明社区部協議会会長挨拶、宇田川紀通杉並明社会長の歓迎のことば、伊藤和正板橋明社事務局次長の活動報告。
Dsc02220_2  来賓挨拶では、小池百合子東京都知事のメッセージ、砂川敏文全国明社理事長の祝辞の披露、協力団体島田蕐代教区長さんの「明社活動との出会い=黄色い帽子運動」の講話をいただきました。
 次に千葉和男明社担当支教区長による乾杯のあと懇親会へ移り、各地区明社代表による1分間スピーチを挟んで大盛会のうちに中締めとなり、来年の増上寺での再会を約し閉会となりました。 


                                                                                (
東京明社区部協議会 事務局)

    
                               ※写真はクリックで大きくなります。