都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動なにわネットーワーク『第12回総会』ご報告


Photo_9 大阪府地区明社連絡会所属の、明るい社会づくり運動なにわネットワーク(和田充弘会長)は、 猛暑の72日(土)1330分より、ドーンセンター(大阪府立男女参画・青少年センター)で第12回総会を開催しました。

 司会の黒石悦子幹事の開会宣言にはじまり、和田充弘会長のあいさつ、来賓を代表し「ナニワ6フォーラムネット」の岡本清一事務局長の祝辞、大阪府地区明社連絡会の杉本光正事務局長の激励の言葉のあと、議事へと進みました。

Photo
                    Photo_4Photo_5
   報告の中で、「歳末助け合い募金」の浄財を、今回は全額「みやぎこども育英募金」に大阪府地区明社連絡会の取りまとめの一部として寄託したことから、宮城県からの受領書に「なにわネットワーク」の名前が入らないため、今後は地区明社として、個別の寄託が望ましいのでは、と杉本事務局長より進言があり、今後の検討事項となりました。

  議事もスムーズ終了し、休憩のあと第二部として、大谷友昭事務局長による「アフリカに毛布を送る運動」の現地視察報告、そして運動の活発化について話し合いが持たれました。

                    Photo_7 Photo_8

  いろいろな意見提起があり大変盛り上がり、今回に止まらず継続して考え、推し進めて行くことの意識合わせが出来ました。

 最後に濱田行尉幹事の閉会のあいさつがあり、良い余韻を残してのお開きとなりました。

 

                              (明るい社会づくり運動なにわネットワーク事務局)