都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動新ほくそう連絡協議会『地区代表者会議開催』ご報告


Img_4482_2 千葉県の明るい社会づくり運動新ほくそう連絡協議会(阿部光男事務局長)は、平成28612()午後2時から佐倉中央公民館学習室で、総会に代わる『地区代表会議』を開催し、各地区の代表45人が参集しました。
阿部事務局長の開催挨拶後、相談役の吉田容子佐倉教会長と佐藤榮全国明社理事の来賓ご挨拶の後、早川事務局次長から平成27年度の活動実績と平成28年度の活動計画及び予決算報告があり、議事は終了ました。その後、新ほくそう明社の役員紹介が行なわれました。
                           Img_4472_2                  
 

Img_4488_2 続いて行われた活動事例報告では、成田地区(出山泰郷幹事)から、市の職員・他団体や企業の方と共に、毎月朝8時から行っているJR成田駅前の清掃奉仕が、昨年で19年目になり歴代の成田市長も参加されていること。また、毎年5月には成田山平和大塔まつり奉納総踊りに、32団体・800人近い方々と共に参加。世界平和と東日本大震災の復興、また被災した方々の供養を祈念して行なわれているとの報告がありました。
Img_4489_2    酒々井地区(刀禰浩一氏)からは、少・中学校の生徒が描いたポスターを収集し、JR酒々井駅前や社協事務所フロアーに展示するポスター展示会の活動。また永年にわたり協力団体の主催する「ゆめポッケ」運度に参加し、文房具や子どもたちのメッセージなどを袋詰めして、心が傷ついた世界の難民地の子どもたちを勇気づけるため送り続けているとの報告がありました。

Img_4491_2 最後に富里地区(田中勗会長)から、富里市と協働まちづくりで始めたゴーヤのグリーンのカーテン育成と解体などを市職員、個人ボランティアの方に参加して頂き、また、アダプトプログラム(里親道路清掃・毎月1)及び国有文化財末広別邸のボランティア管理で行っている草刈りや伐採と清掃など、毎月4回ほど午前中に実施し行政との関わりを大事にしている報告が行なわれました。

Img_4495_2 休憩後、全国明社の原事務局長から「これからの明社運動を学ぶ」と題して、これからの明社運動『3つの方針』について講演して頂きました。「明社運動は国民運動として国民総菩薩化ですと提唱者は説かれた。困っている人の役に立ちたいと思う心は、誰にでもある。明社運動は会員だけではできない、運動の輪を広げることである。自分たちで企画してお金を集めて、自分たちだけが動く活動を「自己完結型」というが、このやり方では運動は広がらない。花いっぱい運動を地区でやるにしても、明社会員だけでやっていては明社運動にならない。そこに地域の方や団地、企業の方々などにも参加して頂けるよう粘り強く働きかけ、善意の実践の場を提供して行くことが肝要。八街少年院の餅つき体験は明社会員だけで続けるか、諸事情のあるなか工夫して、明社以外の地域の方々にも働きかけていくことが大切。」と話されました。

最後に佐倉明社の露嵜会長から謝辞が述べられました。参加者からは、「原事務局長のお話は開祖さまの提唱された明社運動の根幹に触れて頂き、よくよく理解でき参加して本当によかった。」「地域の中で人さまに尽くす喜びを基本にして、笑顔と喜びで実践していく自信と勇気が湧きました」など、感謝とお礼の言葉が多数寄せられました。有り難うございました。

 

(新ほくそう明社事務局次長 早川元雄)