都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動大阪府地区明社連絡会『歳末助け合い募金』ご報告


   0441213日(日)、明るい社会づくり運動大阪府地区明社連絡会所属の大阪城東ほんわかネットワーク(松田文雄事務局長)が、今福イズミヤスーパー前・放出コノミヤスーパー前・JR鴨宮駅前の3ヶ所で、OSAKA城南あおぞらねっとわーく(斉藤信次事務局長)が、近鉄今里駅前と地下鉄駒川中野駅前の2ヶ所で、また23日(水・祝)には、金剛フォーラム(飯田啓三会長)が富田林のエコール・ロゼの駐車場で、ピースフル南大阪(野田邦昭会長)が、羽曳野イズミヤスーパー・松原イズミヤスーパー・近鉄藤井寺駅前の3ヶ所で、恒例の歳末助け合い募金を行い、道行く人たちに協力を呼びかけました。                
                   
Photo_2Photo_4
             Photo_5             Photo_6
                   Photo_9Photo_7
  Photo_10この募金活動は大阪府地区明社連絡会の前身団体の頃から40年近く続いている活動で、
大阪府下25の地区明社により、毎年12月中の土・日・祭日を中心に、各地区内の主要駅前やスーパー等68ヶ所で行われ、延べ1300人が参加しています。 募金の際には、各地区とも目的・趣旨そして寄託先をボードに貼ったり、寄託先である地区の社会福祉協議会や社会福祉法人などからの昨年度のお礼状をコピーしたものを掲示しており、ボードを見て質問される方には丁寧にお答えして、募金への理解と協力をお願いしています。また募金をしてくださった方には、お礼の折り紙やシールを渡すなど、それぞれに工夫をこらしての活動が続いています。
                  1041        2069
                      112_2096

 集まった募金は各地区ごとに社会福祉協議会を始め、福祉施設などの地区内の団体へ寄託するほか、一部は大阪府地区明社連絡会として“東日本大震災みやぎ子ども育英基金”に贈られます。

 

                                           (全国明社事務局)