都道府県・地区明社 活動紹介

NPO法人ふじみ野明るい社会づくりの会『市民フォーラム』開催報告


   埼玉県のNPO法人ふじみ野明るい社会づくりの会(北沢紀史夫 代表理事)は、11114時から、ふじみ野市勤労福祉会館において、『市民フォーラムあなたのいい顔見たい! 共に助け 共に生きる 支え愛のまち』をテーマに、講演会ならびにパネルディスカッションを開催。定員589人のホールは、訪れた市民の方々で満席になりました。
                    017012
 北沢会長、来賓の高畑博ふじみ野市長のあいさつの後、「地域社会とコミュニケーション」と題して、元TBSアナウンサーでキャスターの吉川美代子さんの講演が行われました。
                024_3       027_4
   049_2吉川さんは、「コミュニケーションは、言葉のキャッチボール。また、言葉は声で伝えるもの、その場にふさわしい声があり話し方がある。自分がだれに何を伝えたいのかが一番重要なことなので、自分の声に自信を持って話をすることが大切」「心は声の響きに表れる。気持ちのこもった言葉を発し、相手の気持ちをしっかり受け取る事が、真のコミュニケーション。キャッチボールの時に、お父さんが子どもの受けやすいようにボールを投げてあげるのと同じように、相手の事を考えながら言葉を発することが大事。相手の心に届いてこそのコミュニケーションである」と、相手のことを考え、相手の顔を見て話をすることが大切であると話されました。

  072その後、文京学院大学人間学部人間福祉学科・准教授の梶原隆之さんをコーディネーターに、文京学院大学人間学部児童発達学科3年生の遠矢舟作さん、地元のボランティア団体の、障がい者とともに とんぼの会代表の村川晴由さんと小川真さん、NPO法人ふじみ野明るい社会づくりの会代表理事北沢紀史夫さんの4人のパネラーが、ボランティアの現状とこれからの見通しなどを語り、ふじみ野明社で来年1月から開講する『ボランティア大人塾』の紹介も行い、多くの人が楽しくボランティアの第一歩をふみ出せるよう考えているので、是非とも参加してほしいと呼びかけました。                   
                   
064069
                                         067 
  最後に、「ふじみ野明社の、支え愛事業は、支える側も支えられる側もほぼ同年代です。いつ支えられる側に回っても良いように、できる時は支える側のお手伝いをしてください」と熱く語って、フォーラムを終了しました。
 

                                            (全国明社事務局)