都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動四街道協議会『うたとピアノチャリティコンサート』ご報告


   Dscf4066_7千葉県の明るい社会づくり運動四街道協議会(阿部光男会長)は、627() 午後2時から四街道公民ルで『うたとピアノチャリティーコンサート』を開催。市民と会員合わせて120人が参加しました。
  このコンサートは四街道明社がボランティアを行なっている市内の身障者療養施設「永幸苑」の入居者も招待し、四街道明社が平成16年から開催しているもので、多世代の方々が集う出会いの広場にお子様から高齢者まで参加し開催されました。
   開演に先立ち、阿部会長が挨拶。「地域の皆さまと療養施設にご入居の皆様に、心の癒しと明日へのエネルギーを提供することを願い、多くのボランティアの皆様の手によるコンサートをお楽しみください」と述べ、被災地の復興支援として、会場に募金箱を用意させていただき、ご協力をお願いしました。
   
今年のコンサートは、藤原歌劇団に所属のソプラノ歌手の渡辺文子さんのうた声とピアノ伴奏の河村真希さんによる「日本歌曲」や「世界の名曲」、そしてオペラより“ラボエームよりムゼッタのアリア”など、後半には聞き慣れたポピュラー曲を数多く演奏され、ソプラノ歌手のうた声はホール一杯に響き渡り音色に観客は酔いしれました。
   
1部の演奏に先立ちクリスタルハーモニィーが“麦の唄”のコーラスを披露。日頃の研鑽の成果を存分に発揮し歌いました。
                         Dscf4063_3Dscf4061_2
   Img_0877_22部では若手の「ブルームーン」の2人で細貝柊さんのピアノ伴奏に合わせて夏生祐希さんが熱唱し、会場は大いに盛り上がりました。最後には、ソプラノ歌手の『うたとピアノ』に合わせて、全員で“また逢う日まで”を合唱し、会場は一体感につつまれました。
  
参加した多くの友人などから、感謝の言葉が寄せられました。この日、募金箱には39,000円が寄せられ、被災地の復興支援に活用されます。ありがとうございました。

 

(四街道明社副会長 八尋浄明)