都道府県・地区明社 活動紹介

NPO法人富士明るい社会づくりの会『宮城県仮設住宅で傾聴活動』ご報告


Img_0786_3静岡県のNPO法人富士明るい社会づくりの会(渡辺和三郎理事長)は、68日~9日にかけて傾聴の小林講師を含めた33名で、「傾聴ボランティアinみやぎ」と題した視察研修を行いました。静岡県から8時間の長旅でしたが、元気に初期の目的を達成することができました。

 初日は、石巻明社の齋藤会長の案内で石巻市被災地の見学です。大川小学校の慰霊碑に、富士山麓で栽培された白い菊の花を、ひとりずつ献花してきました。大川小学校のたたずまいを見ると、切なさに心が打ちしおれます。

 次の日は仙台市の中澤牧師の手配で、南三陸町戸倉中学校仮設住宅の集会場で、茶話会と傾聴活動を行いました。シエンセンターの社協職員も含め、仮設の皆さん20名に集まっていただき、和やかな交流ができました。皆さんは明るく前向きで、反対に私たちが元気をもらうありさまでした。最後は全員で「富士山」の大合唱です。振りを付けて歌う私たちに、仮設の皆さんも一緒に大きな声で歌ってくれて、短い時間でしたが大盛況のうちに終わりました。

   「また来てね」と握ってくれた手の温もりをそのままに、私たちは集会場を後にしました。

 

                                      (NPO法人富士明るい社会づくりの会事務局長 堤淳)