都道府県・地区明社 活動紹介

Y・Kホットフォーラム『第15回総会』開催報告


 お天気に恵まれたゴールデンウイーク最終日の56日、午後130分より、大阪府地区明社連絡会所属のY・Kホットフォーラム(大沢秀史会長)が、第15回総会を開催しました。
 大沢会長のあいさつに引続き、ナニワ6の岡本事務局長が来賓を代表し祝辞を述べられた後、前年度の報告、今年度の計画等が承認され、いよいよこの総会のメインイベント、学校法人清風学園中学校・高等学校校長の平岡宏一先生による、「提唱者の思い」と題する講演がありました。
                 Photo_44Photo_34
 2_3                                      Photo_46
                   Photo_49Photo_50
  「明るい社会づくり運動」提唱者の庭野日敬師に思いを馳せられた講演は、以下のような内容で、
Photo_43■仏教とは、心のありようを変えて救われるもの
■悪業をきれいにするには
  ①懺悔
  ②所依の力(仏側の力)・・・間違ったものの力ではダメ
  ③二度としないと誓う
  ④経力(お題目・ご供養)
■提唱者の教えは、仏教の本来目指す方向と同じ
■明るい社会づくり運動は、菩薩行実践の場
■菩提心とは、全ての人が救われますようにと願う心(提唱者の心)
どの始祖も自分の信徒の幸せは願うが、信仰が有ろうが無かろうが、提唱者の教団信者で有ろうが無かろうが、全ての人の救済を願われた提唱者は、稀有のお師匠さまであると熱く語られ、その余韻が残る中、吉原副会長が閉会の挨拶を述べ、参加者の幸せを願う“お祓い太鼓”が打たれ、閉会となりました。               
                     Photo_38Photo_39                                                                            
                                                
(明るい社会づくり運動大阪府地区明社連絡会事務局 杉本光正)