都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動四街道協議会『第32回グランドゴルフ大会』ご報告


  02_4千葉県の明るい社会づくり運動四街道協議会(阿部光男会長)は、1113日(木)午前9時から四街道市の鹿放ヶ丘多目的スポーツ広場で、『第32回グランドゴルフ大会』を開催。地元市民と会員合わせて40人が参加しました。                           
 
   グランドゴルフは、昭和57年、鳥取県東伯郡泊村生涯スポーツ活動推進事業の一環として、泊村教育委員会が中心となり考案されたもので、高齢者に人気のスポーツです。専用のクラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットを使用して、ゴルフのようにボールをクラブで打ち、ホールポストにホールインするまでの打数を数えます。場所によって距離やホールポストの数を自由に設定でき、ルールも簡単なため、どこでも、だれでも手軽に楽しむことができます。

01_2
                    07_208_2
   四街道明社は、毎年2回、「地域の皆様と会員相互の親睦と健康増進を図る」ことを目的にグランドゴルフ大会を開催していますが、グランドゴルフを事業化したことで会員が増えたそうです。参加費は受益者負担の300円。優勝をはじめとする各賞の商品代に充てられます。
                    04_305
          03_4                    06_3
   
13大会は健康増進計画を担当する峯野芳夫副会長の司会進行で開会。阿部会長が「今日は絶好の秋晴れとなりました。いい日和のもと、いい仲間づくりをしてください」と挨拶したあと、ルール説明が行われました。ラジオ体操後には、くじ引きで編成した41組で、12ホールを2回プレーしました。会場は、ドクターヘリ(救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプター)の臨時離着陸場にもなっており、途中、救急医療の専門医と看護師が降り、急病人を搬送したため、プレーを中止する場面もありました。

 09                10
  優勝は84歳の米山民造さん。ホールインを4回も出し、前回大会につづき2連覇を達成しました。米山さんにグランドゴルフの醍醐味をお聞きすると、「皆さんとの会話が楽しくできるスポーツです。家に閉じこもっていては、こんなに楽しくは過ごせませんね」と応えてくれました。
               12            11
  阿部会長は、「四街道明社のグランドゴルフ大会は、行政から『独居老人の見守りと健康増進に高く貢献している』と評価していただいています。今後も地元の皆様のために継続していきます」と抱負を語っていました。

(全国明社事務局 竹嶋克之)