都道府県・地区明社 活動紹介

城東ほんわかネットワーク『養護老人ホーム清掃ボランティア・7月』のご報告


  Photo718日(金)午前10時から11時まで、大阪市城東区の福祉施設 「城東養護老人ホーム」で、城東ほんわかネットワーク(松田文雄事務局長)による清掃ボランティアが行われました。

 Photo_2
  前回のガンバリが効いているのか、溝には泥や砂は少なく、今回は沢山の樹木から落ちる葉っぱが主な清掃対象でした。竹ぼうきで、通路や屋外の階段などに落ち積もった枯葉を集めるのですが、開始早々全身は汗にまみれ、もう何十年も昔のクラブ活動を思い出しました。いつ終わるか・・・とガンバっていると、隣接する保育園のプールから「おじいちゃん!おじいちゃん!」の可愛い声。 誰に言っているのかなあ?と思っていると、何と私に向かって呼び掛けてくれているのです。 中学生の孫もいる私、決して間違った呼掛けではないのですが、思わず照れ笑いしそうになりながら、手を振って応えました。心の中では、あつかましくも「おっちゃん!」か「おじちゃん!」を期待していたのでしょう。 私が最後のゴミを袋に入れて見回したとき、みなさんも清掃を終了されてくつろいでおられるところでした。
                  Photo_6
 Photo_9
   Photo_10今回は猛暑のため、反省会はそこそこに、冷しておいてくださった美味しい麦茶を一杯頂いて、解散となりました。 今回も別行事と重なったため、いつもの半分の参加者でしたが、特筆すべきことがあります。いつも来てくださる方が、お嫁さんを連れて参加してくださったのです。この清掃ボランティアも高齢化している中、地区名のとおり「ほんわか」とした気持ちになりました。

 きれいになった施設を満足の思いで眺め、次も是非参加させてもらおうと心に決め、帰路につきました。


                                                        (明るい社会づくり運動大阪府地区明社連絡会事務局 杉本光正)