都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動鳥取市協議会『発足20周年結集会員の集い』のご報告


   鳥取県の明るい社会づくり運動鳥取市協議会(若良二会長)は、68日、鳥取市の立正佼成会鳥取教会で『発足20周年結集会員の集い-早期東北復興を応援します』を開催し、約60人の会員が参加しました。

 主催者の若会長の挨拶後、来賓の佐保欽也立正佼成会鳥取教会長とタイムのケイツ佳寿子会長が祝辞を述べました。

 全国明社の槇ひさ惠理事長の祝電披露につづきビデオを鑑賞。ついで、金剛座寺の染川智勇氏が「明るい社会づくりは家庭成仏から」と題して講演しました。染川氏は「明るい社会づくりは家庭円満でみんなが幸せになることである」と結語し、聴衆を魅了しました。

 講演後、「花は咲く」を全員で合唱し、功労者の松岡齋事務局長に若会長が感謝状を授与。最後に山下和夫事務局次長の発声で「三本締め」をして閉会しました。
                                           Photo_7
    閉会後、東北復興を応援するため、「三陸こんぶ」を記念品として会員に配布したほか、他会場では三陸のドレッシング販売が行われ、多くの会員が売り上げに協力しました。

                                                                                                          (鳥取市明社事務局)