都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動埼玉県協議会 「さきたま明社塾」開催のお知らせ


明るい社会づくり運動埼玉県協議会では、課題、将来展望等につき1年間数回にわたるセミナーにおいて、共に『学び、語り、体験する』ことを通して研鑽し、志を同じくする明社の新たな仲間づくりの場として『さきたま明社塾』を以下の内容で開設します。興味のある方は、お問合せください。

【名  称】 「さきたま明社塾

【主テーマ】 共に学び、語り、体験し、明社の楽しさを実感する新たな出会い!

【研鑽期間】 平成2210月 ~ 平成2310月(年間5回開催予定、宿泊1回を含む)

【研修会場】 終日座学の場合 ⇒ 原則として 浦和パルコ内 コムナーレ10階の集会室

         郊外研修の場合 ⇒ 現地最寄り駅集合 ⇒ 郊外体験学習 ⇒ 現地最寄り駅解散

【参加費】 15,000円 (初回研鑽当日に持参下さい)

         テキスト、講師料、体験学習諸準備品、通信費、昼食代、保険代、宿泊研修費を含む。

【募集定員】 1年間を通して参加可能な人、20名

【応募期間】 平成22年7月~ 8月中旬

【応募方法】 地区明社会からの推薦、自主的参加希望者等を対象とする。

                  所定の申込用紙に必要事項を記入し下記までお申し込み下さい。

        明社埼玉県協議会事務局 TelFax 048-885-7961

【研鑽①】平成2210

             ① 開 塾 式

             ② 講義  元ヤクザ・進藤龍也牧師『人の心の架け橋となって』

        全国明社、槇理事長又は水田事務局長 『今、明社に求められているもの』

             ④ 個人の課題、問題等を発表し1年間掛けて解決への道を宿題としておき、皆で協力、

               アドバイス、資料提供などを行い研鑽最終回でその成果や課題など発表し、地域や地元に

                   おいて明社運動に反映される努力を行う研鑽とする。

             ⑤ 研鑽終了後、有志による懇親会の開催

【研鑽②】平成23年1月

      ① 午前の部   講義『防災を学ぶ』⇒ 地震耐震車の体験

      ② 午後の部① 講義『笑いは健康のビタミン剤』

      ③ 午後の部② 講義『高齢化社会への対応と課題』  

【研鑽③】平成23年4月

      郊外研修 女性フォーラム・萩原知美講師主宰 『かあちゃん塾・ファームインさぎ山に学ぶ』

さいたま市野田のさぎ山の主婦が主宰する農業体験塾での体験学習『土に学ぶ』  

【研鑽④】平成23年7月

             ① 郊外研修『熊谷の森づくりに学ぶ』

                 熊谷明社会が中心となった市民総ぐるみの植樹運動についての座学と体験学習

             ② 次回の研鑽内容についての話し合いを行う(参加者全員が話し合った研鑽を実施)  

【研鑽⑤】平成2310(1泊2日) ⇒ 連休または土日に開催

             ① 研鑽④で話し合った内容等に基いた研鑽を行い、研鑽①で挙げた個人の課題・問題の成果や

                 解決出来なかったことを全員で話し合い地域や地元における明社運動への活性化と世代へと

        引継ぎが行えるような研鑽のまとめを行う。

          1泊研修⇒1年間の研修のまとめ(グループ討議・個人感想発表

         ③ 卒塾式



※「さきたま」は「さいたま」の古来の呼び名。由来については諸説あるが、「さきたま」が転じて現在の「埼玉(さいたま)」になった。