都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動新ほくそう連絡協議会『地区代表会議開催』ご報告


Img_4706_7 千葉県明るい社会づくり運動新ほくそう連絡協議会(阿部光男事務局長)は、平成29611()午後2時から佐倉中央公民館学習室で、総会に代わる『地区代表会議』を開催し、各地区の代表46人が参集しました。

阿部事務局長の開催挨拶、来賓の相談役の吉田容子佐倉教会長ご挨拶の後、事務局から平成28年度の活動実績と平成29年度の活動計画及び予決算の報告を行い、議事は終了ました。

                                     29_5

続いて、新ほくそう明社の役員紹介が行なわれ、地区活動事例報告では、山武地区の活動担当者4人から具体的な事業報告がありました。

                 Img_4716_4 Img_4710_7

休憩後、全国明社の原良次事務局長から「明社運動による地域社会活動と私たちの役割」と題して講演して頂きました。「2019年に提唱50周年を迎え、日本の中に明るい社会ができましたかと聞かれるとそれは難しい。いろいろと暗い二ユースが耳に入るが、これまでの実績から社会の中で貢献事業を実践してきた結果、社会から認知された、明社運動の成果は素晴らしいと評価を頂いていることはありがたい」と述べられました。

Img_4722_4 ここで更に「歴史的な事実を振り返って見るとき、第1変革期は明治維新で、この時期に武士の時代が終わった。第2変革期は第2次大戦で、この戦争が終戦となり軍人の時代が終わった。第3変革期は現代で個人の時代(自由主議)となり、コミュニティーの崩壊、絆が喪失された時代となった。自治会に入りたくない若い人が多い。物が豊富に手に入り、自分さえ良ければ良いと考える人が多くなった」。そこで「明社運動も自分たちで動くだけでなく、やって頂ける人、理解し協力して頂ける人を多くして行くことが必要です。明社も地域の中で熱心な手取りが必要です、皆さんで努めよう」と激励してくださいました。

講演会後にはテーブル毎に「講演を聞いての感想」や「地域活動の今後の取り組み」など意見交換会が行われ、それらについて発表が行われた。「市役所と連携して、市の職員と他のボランティアの方も手伝ってくれて、ゴーヤカーテンを続けている」また「活動者が高齢化している。若い人の参加を得るには、市のボランティア活動団体に参加し、裏方で協力して行く必要がある」などの発表がありました。

グループ発表後の講師のまとめでは、「高齢化は明社だけでなく、全国的な現象です。全国の530の地区は高齢者でなくてはできないボランティアをやっています。後継者育成は難しいが、運動をやるところに後継者が育ち、運動を実銭する中に後継者育成が実現できて行くと考えたい」。そして「明社運動はやり続けていくことです。コツコツとやらないと実現しない。『崇高な理想の実現のため』にやり続けることです」と結ばれました。

最後に佐倉明社の露嵜会長から謝辞が述べられました。参加者からは、明社運動の実践につながる有意義なお話があり、地域の中で何時も喜びと笑顔で実践していく自信と勇気が湧きましたなど、感謝とお礼の言葉が数多く寄せられました。有り難うございました。

 

(新ほくそう明社事務局次長 早川元雄)


                                           ※写真はクリックで大きくなります。


ピースフル南大阪『第15回総会』ご報告


平成29611日(日)、藤井寺市の道明寺天満宮の天寿殿において、大阪府地区明社連絡会所属ピースフル南大阪(野田邦昭会長)が、第15回総会を開催しました。

ピースフル南大阪のエリアは、大阪府下の松原、藤井寺、羽曳野、富田林の4市にまたがっており、活動内容はそれぞれの主要駅や公園、神社、また地域を流れる石川の河川敷の清掃などを継続的に行っているほか、歳末助け合い募金は4か所で実施するなど、活発な地区明社です。

                  5 6_2

7 総会は議事もスムーズに進み29年度の役員紹介の後、第2部として日本赤十字社大阪府支部安全課福祉係長・和田野元美様による〔健康増進・事故予防コース〕「健康寿命を延ばしましょう!」と題したご講演を頂きました。メタボ、塩分、運動不足など参加のみなさんが思い当たることばかりで、「ええ肉はあんまり食べたらあかんなあ!」「ラーメンのお汁、全部は飲まんとこ!」と普段の生活を反省することしきり。

13時から始まった総会は、あっと言う間に閉会時間の15時を迎え、教えて頂いたことを胸に解散となりました。

 

               (明るい社会づくり運動「大阪府地区明社連絡会」事務局 杉本光正)

 


明るい社会づくり県南地区協議会『第44回高良大社参道清掃』


Img_0738_3 久留米市の東方にある標高312mの高良山は、高牟礼山(たかむれやま)・不濡山(ぬれせぬやま)など様々な呼び名を持っている山で、古来から宗教的な山として崇められ、高良大社が築かれています。また、高良山山頂の手前にあるツツジ公園には、11055,000本のつつじが植えられ植物の宝庫となっており、向かいの駐車場から久留米市の夜景を観賞できます。車内からも夜景を観賞できるため、若いカップルにも人気の場所となっています。

福岡県の明るい社会づくり運動県南地区協議会(竹間宗麿会長)では、この高良山にある筑後一宮・高良大社参道(約3.5㎞)の清掃を、毎年春・秋の2回、地域の皆さんと共にさせて頂いています。 今年も春の清掃を、521日(日)午前930分から11時まで、76名が参加して行いました。

            Img_0728      Img_0735

                   Img_0736

落葉、土砂等の清掃を炎天下のなか汗をかきながら取組み、予定時間内に終えることができました。短い時間ではありますが、清掃を通しての地域の方との触れ合いを大事にして、今後も継続して皆さんに喜んで頂ける、地域に根ざした活動を実施していきたいと思いました。

 

 (県南明社事務局長 大倉善晴)


            ※写真はクリックで大きくなります。


明るい社会づくり運動大阪府地区明社連絡会『学童保育でケーナづくり』


Photo_15 平成29513日(土)、大阪府地区明社連絡会(佐藤武幸29年度代表)は、羽曳野市にある「NPO法人子育てサポートくるみ くるみ共同保育園」で、青少年の健全育成の一環として、園の学童保育に通う小学校1年生から6年生までを対象に、アンデスの民族楽器である「ケーナ」づくりを行いました。ケーナは、有名な「コンドルは飛んで行く」などの主旋律を受け持つ縦笛で、何とも言えない素朴な味わいのエア・リード楽器です。

この日は、学童の子どもさん39名の他に先生もケーナづくり に参加されることになり、総勢45 名分(45本)のケーナ用の竹材の調達に奔走!竹ならどんな竹でも良いというわけではなく、内径は約18mm、節から節の長さが300mm以上のものでないとケーナづくりには適しません。この基準にあった竹を準備するのが大変で、園との調整でお世話くださった地元の木下佳子さんが、不足分を補うために河内長野市の名刹「観心寺」のご住職にお願いし、伐採してあった竹をご持参くださり、ようやく50本超えの材料がそろいました。

             Photo_16          Photo_17

子どもさんでも工作し易いよう、半完成の状態の材料を使っての「ケーナづくり」。「おっちゃんボクの笛見て!鳴れへん!」などと、教える者は可愛い子どもさんたちに取り囲まれ、うれしい悲鳴を上げていました。 

  1時間が過ぎたころ、ようやくみんなのケーナが完成し、音出しの練習に。音が出る子も出ない子もいますが、「帰ってから、家でも練習してや!」と約束し、最後に一緒に作ったケーナを使って「竹田の子守唄」と「コンドルは飛んで行く」を模範演奏すると、あれだけ賑やかだった子どもさんたちも、静かにじっと聴いてくれました。 

                 Photo_20 Photo_21   

次はどんな企画で行こうかと考えながら、またこの子どもさんたちに会えることを願って“ほんわか”とした気持ちで帰路につきました。

 

  (明るい社会づくり運動大阪府地区明社連絡会事務局 杉本光正)


                      
※写真はクリックで大きくなります。


明るい社会づくり運動広島地域連絡協議会『ひろしまフラワーフェスティバル・ゴミ分別収集ボランティア』ご報告


Img_0345 広島県内外から90団体・約8,500人が参加しての初日の“花の総合パレード”、100団体・5,800人が力強い踊りを披露する最終日の“きんさいYOSAKOIパレード”、 そして3日間を通して開催される約30ヶ所のステージ・約80ヶ所のひろばの3部門を中心に構成され、毎年大勢の見物客で賑わう「ひろしまフラワーフェスティバル」。

今年も“花いっぱい、はばたけ平和の咲く未来”のテーマで、53日(水)~5日(金)の3日間、平和記念公園と平和大通り一帯で開催され、1,538,000人の来場者でにぎわいました。

   明るい社会づくり運動広島地域連絡協議会(石栗實会長)は、毎年この期間中「ごみ分別収集ボランティア」として、花の祭典の美化活動に貢献しています。     

             Dsc_1191_2                   Cimg3859

                       Dsc_1203 Dsc_1202

 今年は天候に恵まれ3日間とも真夏の陽気となった中で、広島地域連絡協議会を構成する13地区から参加した延べ373人が、はじける笑顔で来場者にごみの分別廃棄を呼びかけました。

                      Dsc_1206 Dsc_1207

 

                        (明るい社会づくり運動広島地域連絡協議会会長 石栗實)

 

  ※写真はクリックで大きくなります。

 

 

 

 

 


大阪地区明社連絡会『ゴミの日』のご報告


大阪地区明社連絡会(佐藤武幸代表)は、53日夏を思わせる晴天のもと、天神祭の船渡御で有名な大川沿いの「天神橋」から「桜ノ宮」間のゴミ拾いをさせて頂きました。

                Photo_11 Photo_20

この行事は、もう恒例となっており、15の地区明社から114名の方が参加くださいました。

                Photo_13 Photo_14  

                Photo_16 Photo_21

               Photo_18 Photo_22

その道中には、野球場やビーチバレーの会場も有り、少年少女のみなさんや親御さんも沢山休日を楽しんでおられ、のんびりとした気分で気持ちの良い汗をかきながらゴミを拾い、楽しい半日を過ごしました。

                                     Photo_23

  

                                  (大阪地区明社連絡会 大谷友昭)

       ※写真はクリックで大きくなります。

 


淀川明るい社会づくり運動『よどがわ100万人のゴミ拾い』ご報告


大阪府の淀川明るい社会づくり運動(獅子堂忠男会長)は、429日(土)10時から11時まで、全国清掃キャンペーン「よどがわ100万人のゴミ拾い」の一環として、此花区の梅香公園で29人が参加して清掃活動を実施しました。

                                    Photo_2

                Photo_9 Photo_10
   ゴールデンウィーク初日、晴天に恵まれ、普段手をつけない排水溝のゴミの除去を含め「地域をきれいに!」の合言葉のもと、いい汗を流し、地区会員の一体感を深めることができました。

                Photo_7 Photo_6

                                        Photo_8

 

                                    (淀川明社広報担当 河南諭史)

 

           ※写真はクリックで大きくなります。

 


明るい社会づくり運動四街道協議会『総会開催』ご報告


千葉県の明るい社会づくり運動四街道協議会(阿部光男会長)は、平成29416()午後2時から、四街道市文化センター会議室で会員代表25名の参加のもと、総会を開催しました。

                                            Photo_11

  会長の開催挨拶、来賓の岡村泰明相談役・前県会議員と栗原直也市議会議員のご挨拶の後、平成28年度の活動実績と平成29年度の活動計画報告及び予決算報告を行い議事の審議はすべて議決し終了いたしました。

         Photo_8Photo_10

 Photo_5 引き続き、真言宗円福寺の茨木照典院代さまによる、「真言密教と菩薩道」〜ボランティアで地域貢献と自分づくり〜と題した講演会が行なわれました。この地域は古村の人たちによって、隣接の千葉寺を中心に地域活性化のため、大師講など色々な講の行事が行われていました。子安講、観音講、念仏講などがあって、江戸時代に始まり平成10年代頃まで活動しておりました。

 院代さまは、大学を卒業すると直ぐに住職となり、壇家まわりの他に大師講で春の大師巡礼に同行した時の楽しい思い出を、巡礼がそのまま菩薩行であって、旅先で法事ができない人のために、七七日忌のお経をあげたり、病気を癒す祈祷をしたりしたと話されました。

Photo_7 その大師講も村の行事としては来年からなくなってしまうので、円福寺は消滅した講の代わりに、写経会、座禅会、マントラの癒しなど体験的な修行を通して菩提心を養うってもらおうと考えているそうです。そして、真言密教では菩提心を育てることこそが菩薩行を歩むことで、地域に貢献しようという意識を高める明社活動も、菩提心を養うことでありますと結ばれました。

我々は目的が一致しておりますので、いつか協同で地域に貢献できる日を願っております。参加者の多くの皆さまから感謝と喜びの言葉が届けられ、明社活動への意欲につながる、心に残る有意義な講演会となりました。 ありがとうございました。

 

(四街道明社事務局)


                                 ※写真はクリックで大きくなります。


多気町明るい社会をつくる運動『おいない祭へ参加』ご報告


 2 三重県の多気町明るい社会をつくる運動(坂井信久会長)は、昨年116日(日)多気町文化会館前広場で開催された「おいない祭」に参加いたしました。

 各種手芸品・干しシイタケ・お茶、炊き込みご飯などを販売し、好評を得ました。特に炊き込みご飯200食は、あっと言う間に完売となりました。

  会員一同、毎年の開催を楽しみにしており、今年もぜひ!と張り切っています。

           31

 

                                                      (多気町明るい社会をつくる運動会長 坂井信久)

 

                   ※写真はクリックで大きくなります。


明るい社会づくり運動なにわネットワーク『造幣博物館見学会』ご報告


 大阪府地区明社連絡会所属の明るい社会づくり運動なにわネットワーク(和田充弘会長)は、平成29422日(土)、桜の通り抜けで有名な造幣局本局構内にある、造幣博物館の見学会を行いました。土曜日のため、工場での硬貨を作る工程の見学ができなかったのがちょっと残念でしたが、博物館見学のあと大川の河川敷でお弁当をひろげ、楽しいひとときを過ごしました。

        Photo_18            Photo_20  

今回の参加者は35名でしたが、来る53日にはこの大川の河川敷を、もっともっと増員して清掃する予定です。


                                      (なにわネットワーク事務局長 大谷友昭)

 

     ※写真はクリックで大きくなります。