都道府県・地区明社 活動紹介

明るい社会づくり運動石巻地区推進協議会『新立野盆踊り大会』


   平成30818日(土)、石巻市新立野復興住宅での第3回盆踊り大会が開催されました。
   地元3地区の自治会が中心となり、地元商店・企業などのほか、ライオンズクラブと明るい社会づくり運動石巻地区推進協議会(斉藤正美会長)が後援し、実行委員会およびスタッフ約30名が、 前日からやぐらなどを組み立て準備を行いました。
   当日は、1530分から各種イベントがあり、初参加の埼玉県川口市立鳩ケ谷中学吹奏楽部60名による演奏も行われ、盆踊りは、18時より開始。
                                        Dsc07421_3
                   Dsc07392_3 Dsc07384_4
Dsc07469_2   昨年はやぐらの四方に旗を張っただけだったので、今年は提灯を飾りたいとの地元自治会の要望を受け、全国明社が60張の提灯を提供しました。20時に踊りは終了し、その後、親子交えての手持ち花火大会を行い、盆踊り大会を終了しました。

         Dsc07458_3

                                                                                            

                                                                                               (全国明社事務局)

明るい社会づくり運動埼玉県協議会『(子ども)交流バスツアー』報告


明るい社会づくり運動埼玉県協議会(加藤玄靜会長)は、南三陸「歌津夏祭り」に合わせ平成3085()6()に『(子ども)交流バスツア-』を実施し、5才~12才の幼稚園生から中学生の子ども12人と大人25人の、総勢37人が参加しました。
  5日午前8時大宮駅前を元気に出発、バス車中では、震災津浪襲来の様子や悲惨な出来事など学習しました。また、子どもも大人もクイズレクをワイワイ楽しみながら一路、南三陸町に向かいました。予定より少し遅れて午後145分頃、南三陸志津川に入りました。

①初めての志津川湾巡りの船旅Dsc_3910

  志津川漁港から雨に濡れながらの湾巡り船に乗船。
  カモメや海猫の餌やりに子どもも大人も夢中に。 震災当時の津浪襲来の様子を伝える船長の話は、ほとんど素通り? でも、子どもも大人も1時間ほどの湾巡りを楽しみました。
Dsc_3926

②早い夕食

  その後、宿泊先の「下道荘」にチェックイン。早い夕食を取りました。海の幸の美味しい料理と、お腹が空いたのか、お代わりする子どもいました。 

③歌津夏祭りに参加
 
  午後6時、怪しい空模様の中「歌津の夏祭り」に参加しました。子ども達は千円のお小遣いを握り締め、三々五々会場に消えていきました。
  丁度、我々が応援している「サンシンズジュニア」が公演の真っ最中。最後の演目では舞台に上がり声援を送りました。
                    Fb_img_1533624467001_2 Fb_img_1533624211686_3
Dsc_3940_3  演奏が終わるや否や無常にも、ポツポツと雨が、そして大粒の雨の中、自費で駆け付けた20人ほどの本場「沖縄北中城(グスク)の喜舎場青年会がエイサ-」を披露。激しい雨になり、期待していた花火を見ずに宿へ引上げることになりました。
  「下道荘」に帰り、お風呂で一日の疲れを取り子ども達は就寝。一部の大人はお酒も飲みながら夜遅くまで話が弾みました。 

④「ひころの里」でサツキの植樹とカブトムシ採り

  翌6日、宿の出発前、全員で記念写真をパチリ。Dscf6693_3
 
サツキを植樹

 霧雨の中、ぬかるんだ急な斜面の堤に足を取られながら、大きく成長することを願い全員が一本ずつ「サツキ」を植樹しました。
                      Dsc_9157_2  
カブトムシ採り
 目を輝かせて地元のお兄さんの虫取り講座を熱心に受けた後、「ひころの里の森」へ。手掴みでカブトムシを取った子どもも。子ども達に籠のクワガタムシをプレゼント。大喜びの子ども達でした。その後、防災対策庁舎へ向かいました。
                     Dsc_3977 Dsc_9246


⑤防災対策庁舎で慰霊
  献花・お線香を手向け慰霊し、語り部の佐藤秀昭さんの防災対策庁舎の凄まじい津浪襲来時の熱い語りに聞入りました。自宅は庁舎の隣りでした。
  高台の公営住宅、公営団地、旧戸倉中学校に立寄り、大川小へ向かいました。戸倉ではサンシンズに支援金を手渡しました。
                     Dsc_3980_4 Dscf6760_6

⑥大川小学校の悲劇を実感
  1230分、佐藤敏郎先生と合流。子ども全員で慰霊塔の前で献花し、お線香を手向けました。埼玉の大学生らと当時の悲劇の様子を伺いました。なぜ50分間も校庭に留まり、すぐ裏のなだらかな裏山に避難しなかったのか、熱心に聞入る子どもたちを前に先生の話には熱が入り、涙ながらに聞き入りました。「もしあの時、先生が1人だったら、もし先生が居なかったら助かったのかも?」佐藤先生の声が耳に残っています。
           Dsc_3990_2 Dsc_3998_2

一路、帰路に!
  上品の郷(道の駅)でお土産買いの時間を取りました。午後230分、一路、埼玉大宮への帰途に、子ども達が車中レクで楽しく過ごした後、全員が感想発表しました。午後8時過ぎ、家族が待ち受ける大宮駅前に無事到着しました。


                                                            (
明社埼玉県協議会:ツア-実行委員長 酒井清)


明るい社会づくり運動県南地区協議会『第13回朝倉市民平和祭・ニューギニアの星』


13 平成3085日(日)1330分から、福岡県の朝倉市総合市民センターで、朝倉市平和事業実行委員会主催の『第13回朝倉市民平和祭』が行われ、 「ニューギニアの星」~甘木高射砲部隊物語~が上演されました。
                  Img_1638
 このお芝居は、実際に甘木で起きた戦争悲話であり、ある体験者の話をもとに脚色脚本したもので、演じるのは幼稚園児から60代の25人。朝倉青年会議所や市職員、一般市民らに出演を呼びかけ、5月から土日を中心に毎月2~4回集まり、約3時間の練習を重ねてきました。明るい社会づくり運動県南地区協議会からは、5人のメンバーが実行委員として参加しました。
                   Img_1591 Img_1592
                                             Img_1595
                   Img_1602 Img_1608
                                             Img_1624
 戦争体験者の語り部は長い歳月の中でやがて途絶えてしまいます。戦73年が経過し、これからは戦争を知らない世代の戦争語り部の時代となっていきます。残された時間はわずかです。これまで語られることがなかった悲惨な戦争の出来事を一つでも多く掘り起し、次の時代へ引継いでもらい、変わらぬ毎日を過ごせる平和のありがたさを伝えていきたいと思います。

                                                                                  (県南明社事務局長 大倉善晴)

 

    

 


熊谷明るい社会づくりの会『西日本豪雨災害(緊急)救援募金』


Dsc_3829 西日本を中心とした記録的な大雨により、土砂災害や川の氾濫が相次ぎ死者・行方不明者230人、避難した被災者約4500(7/20現在)など 大きな被害が出ました。熊谷明るい社会づくりの会(田並胤明会長)は、立正佼成会熊谷教会の後援を受け、猛暑の中、平成30721日(土)・22日(土)日)の両日、「熊谷うちわ祭り」の開催に合わせて、「西日本豪雨災害救援(緊急街頭)募金」活動をJR熊谷駅北口・東口前に分かれ実施しました。
2018072  翌日の23日には、国内観測史上最高気温41.1℃を記録したほどの猛暑の中、熊谷明社の声かけに鴻巣明社会員も参加し、大汗を掻きながら親子連れ、学生、若い人、シニア世代のご夫婦など、祭りに繰出した幅広い年代の皆さんに「緊急救援募金」を呼びかけました。
Dsc_3816 Dsc_3824 被災地のためにと思う気持ちが届いたのか、親子連れの小さな子どもたち、多くの学生さん、若い人たちも積極的に募金をしてくれ感動を覚えました。皆さんの災害に対しての関心の深さと思い遣りの心に感謝です。「日本の将来も捨てたもんじゃない」と強く思いました。
       Dsc_0075 Dsc_3831
  熊谷市社会福祉協議会で募金箱を開封してみますと、驚きの「604,382円」もの額になりました。社協から日本赤十字社を通じ被災地に送り届けます。
   募金して頂いた皆さんともに、ご協力頂いた会員さんにも感謝いたします。


                                                                       (
鴻巣明るい社会づくりの会 酒井清)


明るい社会づくり運動みなみ岩手協議会『早池峰神社清掃ボランティア』


1 明るい社会づくり運動みなみ岩手推進協議会(高橋勲 会長)は、平成30729日(水)10回目を迎えた「早池峰神社清掃ボランティア」を行いました。
   地元の高校生・小学生・先生・父兄の皆さん、そして他県からいらしていた早池峰神楽ファンの方も一緒に参加してくださり、55名での清掃です。全国から神楽祭を楽しみにいらして下さる方々に気持ちよく見ていただくように、皆さん真心全開で清掃されていました。
      (早池峰神楽とは・・・ https://iwatetabi.jp/event/detail.spn.php?event_id=46
                      
65                                                 4 
  3_3 終わった後はスイカ割りや、地元の会員さん手作りのカレーライスやトマトやキュウリなどを頂きました。一番嬉しかったことは、偶然参加された方が「色んなボランティアに参加しましたが、こんなに心のこもった清掃ボランティアは初めてで感動しました」と言ってくださったことでした。                        
 2
   とても暑くヘトヘトにはなりましたが、市民の皆さんと一緒に地元のために汗を流す喜びと爽快感を実感できた1日でした。

(明社みなみ岩手事務局長 山田敬子)


千葉県明るい社会づくり運動新ほくそう連絡協議会『地区代表者会議』開催


千葉県明るい社会づくり運動新ほくそう連絡協議会(阿部光男事務局長)は、平成30623()午後2時から佐倉中央公民館学習室で『地区代表会議』を開催し、各地区の代表者43人が参集しました。
阿部事務局長の開催挨拶、協力団体・吉田相談役のご挨拶のあと、早川事務局次長から平成29年度の活動実績と平成30年度の活動計画及び予決算報告が行われ、その後、新ほくそう明社の役員紹介で当日の議事は滞りなく終了しました。
  休憩後には、例年全国明社から講師をお招きして講演をしていただいておりましたが、今年は自主研究会の場として、田中勗富里明社会長が「市民協働のまちづくりと富里地区活動」〜行政とタイアップして地区活動を推進〜のテーマで地区活動の事例報告を行い、引き続き参加者によるグループワークと発表を行いました。

富里地区から「市民協働のまちづくりは、平成144月に地方分権一括法が施行され、『自らの進む道を自分たちで決め、自分たちで責任を持つ』という時代になりました。そして地域の抱える課題を解決するには、市民の皆さんの発想や創造力、得意分野を生かしながら市民相互の力を発揮して、市民と市の連携・協力によるまちづくりを進めていくことが求められることとなりました』という市のまちづくりの基本理念・方針を理解し、『みんなでつくる笑顔あふれるまち・富里』の標語も意識し、市民と市の連携・協力によるまちづくりに関心を持ち、私たちは自らの意思で明社活動を具体的に進めています。」
   「富里明社は過去に一旦解散となりましたが、昔からの明社会員と地域の熱心な方々の参加をいただき再び立ち上げ、それからは自立した活動ができるようになり、全国明社の原事務局長にも富里明社の総会にきていただきました」「その結果、富里地区明社は地域の人たちの理解と協力を得ながら、地域に根ざしたボランティア活動を積極的に行い、地域からも受け入れていただき、評価もいただいていることは大変ありがたいと受け止めています。」と結び、続いて富里地区の具体的な活動紹介がありました。
   活動事例として、協働のまちつくりゴーヤのグリーンカーテンを春から夏にかけて実施、アダプトフログラム(里親道路清掃)を毎週月曜に実施、国有文化財末廣別邸の清掃を毎週木曜日に実施、市の福祉まつりに参加し、模擬店にて味噌田楽・お茶等の販売を行っています。
          2_2 1_4
地区事例活動の報告の後にはテーブルごとに「講演を聞いての感想」や「地区活動の今後の取り組み」など意見交換会が行われ、その後のグループ発表では「富里は行政とやっているのが素晴らしい。私たちには残念ながら、あそこまでできない。地区の中でお互いに隣の地区同士がつながり、できない地区の力を取り込んでもらうなど工夫してみたい。」など意見が出されました。
   吉田相談役からは、「富里地区の行っていることは市民と市役所でやっているので運動として素晴らしい。地域貢献に役立っている」などの講評がありました。最後に露嵜佐倉明社会長から謝辞があり、参加の皆さんからは「明社運動の実践につながる有意義なお話があったので、これを参考にして地域の中で生かしていきたい」など、喜びとお礼の言葉が数多く寄せられました。有り難うございました。


                                                                    (新ほくそう明社事務局次長 早川元雄)

 


明るい社会づくり運動ナニワ6フォーラムネット『第18回総会開催』


Cid_image002_jpg01d407ce 平成30617日(日)、大阪府地区明社連絡会所属の明るい社会づくり運動ナニワ6フォーラムネット(森本和代子会長)が、第18回総会を開催しました。
   会場は、和宗総本山「四天王寺」の本坊安養殿。ナニワ6が長年にわたり毎月境内の清掃活動を行っていることから、普通は入ることの出来ない施設を総会の会場としてお貸しくださいました。
   横内克郎理事による開会の挨拶、森本和代子会長の挨拶、大阪地区明社の佐藤武幸代表による祝辞のあと議事に入り、全議題が無事に承認されました。
Cid_image006_jpg01d407ce
                     Cid_image008_jpg01d407ce_2 Cid_image010_jpg01d407ce
  Cid_image008_jpg01d407d0 続いて第二部として、四天王寺総務部参詣課諸堂係主任の加藤公啓様による、「四天王寺の縁起と聖徳太子のご一生について」と題したご講話がありました。お話の中にでてくる曽我氏や物部氏という名前に、学校で習った日本史が思い出される大変興味深いお話しでした。 最後に大阪府地区明社連絡会杉本事務局長の激励の言葉が有り、早崎隆俊理事の閉会の挨拶で総会は終了。
                                     Cid_image012_jpg01d407d0
                                     Cid_image010_jpg01d407d0
   その後、四天王寺様のご好意で由緒ある「極楽浄土の庭」を散策させて頂き、咲き誇る紫陽花に見送られて帰路につきました。

                 
                                                                     
(大阪府地区明社連絡会事務局 杉本光正)


明るい社会づくり運動県南地区協議会『高良山清掃』


Img_1545_3 福岡県の明るい社会づくり運動県南地区協議会(竹間宗麿会長)では、市内の高良山にある筑後一宮 高良大社参道(約3.5Km)の清掃を、毎年春・秋の2回、地域の皆さんと共にさせていただいています。今回は、520日(日)午前7時~8時までの1時間、64名が参加してバス通路となっている市道と参道部分の清掃を行いました。
             
                  Img_1528_4 Img_1536_3
  

                                                                        
(県南明社事務局長 大倉善晴)


明るい社会づくり運動大阪府地区明社連絡会『報告会』開催


Cid_image013_jpg01d3f682_2 晴天に恵まれた527日(日)、大阪府地区明社連絡会(佐藤武幸29年度代表)が報告会を開催、各地区から90名が参加しました。平成29年度の報告及び平成30年度の計画発表の後、かんくうフォーラムの木下和子事務局長、大東フレンドフォーラムの大岸清副会長、金剛フォーラムの兼田紀子事務局長が、他団体と連携して行う活動のメリットや、市や社協が主催する活動への参加をする中で感じたこと、そして地域の一員として地域にどう関わっていくべきかなど、日ごろの活動を通して得たものを発表。それぞれの視点で語られる活動発表に、大きな拍手がわき起りました。
                     Cid_image016_jpg01d3f682Cid_image017_jpg01d3f682
                                         3cid_image014_jpg01d3f682
   その後、事務局より99日(日)に開催予定の明社提唱50周年記念『前年音楽祭』について、「若い方達にこの運動を繋いで行っていただきたい。そして、 近隣の方たちに明るい社会づくり運動をもっと知っていただくための場としたい」と、開催の目的が発表され、続いて全国明社の前原事務局員が、全国明社の方向性並びに50周年に向けての取組みについて説明。また活動発表を受けて、「地域に即した、大阪らしい自分たちらしい活動を継続して欲しい」と感想を述べました。最後に来賓の立正佼成会豊中・大阪・泉州の三教会長を代表して、河南泉州教会長より激励の言葉をいただき、伊藤公三・新代表がこれからの決意を述べ一部を終了。
                   1cid_image014_jpg01d3f6832cid_image015_jpg01d3f683_2
                                     9cid_image012_jpg01d3f683
  6cid_image002_jpg01d3f683 引き続き二部として、ご多用の中を駆けつけてくださった大阪府地区明社連絡会・顧問で学校法人清風学園の平岡宏一校長先生が講演。「明るい社会づくり運動を提唱された庭野日敬師の心をもう一度しっかりと受け止め、自分の心として、明社活動に邁進してください!」との熱い言葉に、参加者は一様に頑張りを胸に期し、感激の『報告会』となりました。

 

            (大阪府地区明社連絡会事務局 杉本光正)

 


明るい社会づくり運動中和ブロック協議会『家庭教育講演会』開催


 Img_1603_4 奈良県の明るい社会づくり運動中和ブロック協議会(福井達雄会長)は、恒例の家庭教育講演会を、平成30226()、奈良県社会福祉センターにて開催しました。
 講師には、三輪山平等寺住職の丸子孝法師をお招きし、「一隅を照らす」~かけがえのない あなたのいのちの ともしびをもやす~のテーマで、講演をしていただきました。
 丸子師は、曹洞宗大本山・永平寺で副監院を務められた方で、托鉢で現在の平等寺を再建された方です。托鉢の経験を通してわかり易く、感動する話もあり、人間としてどのように生きて行けば良いかなど、教えていただきました。当日は149名の参加があり、参加者からは「いい話を聞かせていただき良かった」「感動した」などの声が多く寄せられました。
 人生100年時代のいま、私たちはシニア世代が家庭でも社会でも明るく元気に暮らせるよう、この講演会を継続して行きたいと思っています。

 

                                       (中和明社事務局長 高木元治)